Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

2.3.2.2. イメージ

前述のように、コンテナーイメージはアプリケーションのアーティファクトであり、実際に、アプリケーションのプロモーションにおいて、イメージおよびイメージの管理は新しいアプリケーションのアーティファクトの中でも重要な部分です。実際、新しいアプリケーションのアーティファクト、イメージ、およびイメージの管理は、アプリケーションのプロモートに関する主要な要素です。場合によっては、イメージがアプリケーションの全体をカプセル化し、アプリケーションプロモーションフローがイメージの管理のみで構成されることがあります。

通常イメージは SCM システムでは管理されません (アプリケーションのバイナリーが以前のシステムで管理されていなかったのと同様です)。ただしバイナリーと同様に、インストール可能なアーティファクトおよび対応するリポジトリー(RPM、RPM リポジトリー、Nexus など)は SCM と同様のセマンティクスで生成される。そのため、SCM に似たイメージ管理に関するコンストラクトと用語が導入されました。

  • Image registry == SCM server
  • Image repository == SCM repository

イメージはレジストリーに存在するので、アプリケーションプロモーションでは、適切なイメージがレジストリーに存在し、そのイメージで表されるアプリケーションを実行する必要のある環境からアクセスできるようにします。

イメージを直接参照するよりも、アプリケーションの定義は通常イメージストリームに参照を抽象化します。これは、イメージストリームがアプリケーションコンポーネントを構成する別の API オブジェクトになることを意味します。イメージストリームについての詳細は、「Core Concepts 」を参照してください。