Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

2.3.3. デプロイメント環境

このコンテキストでのデプロイメント環境は、CI/CD パイプラインの特定ステージでアプリケーションが実行される固有のスペースを表します。通常の環境には、開発テストステージング および 実稼働環境 などが含まれます。環境の境界については、以下のように様々な方法で定義できます。

  • 単一プロジェクト内のラベルおよび独自の名前を使用する
  • クラスター内の固有のプロジェクトを使用する
  • 固有のクラスターを使用する

上記の 3 つ方法すべてを利用できることが想定されます。

2.3.3.1. 留意事項

通常デプロイメント環境の設定を検討する際は、以下のヒューリスティックな側面について検討します。

  • プロモーションフローの各種ステージで許可するリソース共有の度合い
  • プロモーションフローの各種ステージで必要な分離の度合い
  • プロモーションフローの各種ステージの中心からの位置 (またはどの程度地理的に分散しているか)

さらに OpenShift Container Platform のクラスターおよびプロジェクトがイメージレジストリーにどのように関係するかについて以下の重要な点に留意してください。

  • 同一クラスター内の複数のプロジェクトは同一のイメージストリームにアクセスできる。
  • 複数のクラスターが同一の外部レジストリーにアクセスできる。
  • OpenShift Container Platform の内部イメージレジストリーがルート経由で公開される場合、クラスターはレジストリーのみを共有できる。