Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

7.5. OpenShift Pipeline ビルド

7.5.1. はじめに

シンプルな web サイトを作成する場合も、複雑なマイクロサービス web を作成する場合も、OpenShift Pipeline を使用して、OpenShift でアプリケーションをビルド、テスト、デプロイ、プロモートを実行します。

標準の Jenkins Pipeline 構文のほかにも、OpenShift Jenkins イメージは (OpenShift Jenkins Client プラグインを使用して) OpenShift の Domain Specific Language (DSL) を提供します。 これは、OpenShift API サーバーと高度な対話を行う、読み取り可能でコンパクトで総合的な、かつ Fluent (流れるような) 構文を提供することを目的とし、OpenShift クラスターのアプリケーションのビルド、デプロイメント、プロモートのより詳細な制御が可能になります。

以下の例では、nodejs-mongodb.json テンプレートを使用して Node.js/MongoDB アプリケーションをビルドし、デプロイし、検証する OpenShift Pipeline を作成する方法を紹介します。