Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

6.3.3. Ruby

  1. 新しい GitHub リポジトリーを設定して、そのリポジトリーをリモートのブランチとして現在のローカル v2 Git リポジトリーに追加します。

    $ git remote add <remote-name> https://github.com/<github-id>/<repo-name>.git
  2. ローカルの v2 ソースコードを新規リポジトリーにプッシュします。

    $ git push -u <remote-name> master
  3. Gemfile がなく、単純な rack アプリケーションを実行している場合には、この Gemfile ファイルをソースの root にコピーします。

    https://github.com/sclorg/ruby-ex/blob/master/Gemfile
    注記

    Ruby 2.0 がサポートする rack gem の最新バージョンは 1.6.4 であるため、Gemfile は gem 'rack', “1.6.4” に変更する必要があります。

    Ruby 2.2 以降の場合は、rack gem 2.0 以降を使用してください。

  4. oc コマンドを使用して、ビルダーイメージとソースコードから新規の Ruby アプリケーションを起動します。

    $ oc new-app --strategy=source
    ruby:2.0~https://github.com/<github-id>/<repo-name>.git

サポート対象の Ruby バージョン

v2v3

Ruby: 1.8、1.9、2.0

サポート対象のコンテナーイメージ

Ruby on Rails: 3、4

Rails-postgresql-example (quickstart)

Sinatra