Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

6.3.5. Perl

  1. 新しい GitHub リポジトリーを設定して、そのリポジトリーをリモートのブランチとして現在のローカル v2 Git リポジトリーに追加します。

    $ git remote add <remote-name> https://github.com/<github-id>/<repo-name>
  2. ローカルの v2 ソースコードを新規リポジトリーにプッシュします。

    $ git push -u <remote-name> master
  3. ローカルの Git リポジトリーを編集して、変更をアップストリームにプッシュして、v3 との互換性を確保します。

    1. v2 では、CPAN モジュールは .openshift/cpan.txt にあります。v3 では、s2i ビルダーは、ソースのルートディレクトリーで cpanfile という名前のファイルを検索します。

      $ cd <local-git-repository>
      $ mv .openshift/cpan.txt cpanfile

      cpanfile の形式が若干異なるので、これを編集します。

      cpanfile の形式cpan.txt の形式

      ‘cpan::mod' が必要

      cpan::mod

      requires ‘Dancer';

      Dancer

      requires ‘YAML';

      YAML

    2. .openshift ディレクトリーを削除します。

      注記

      v3 では、action_hooks および cron タスクは同じようにサポートされません。詳細情報は、アクションフック を参照してください。

  4. oc コマンドを使用して、ビルダーイメージとソースコードから新規の Perl アプリケーションを起動します。
$ oc new-app https://github.com/<github-id>/<repo-name>.git

サポート対象の Perl バージョン

v2v3

Perl: 5.10

サポート対象のコンテナーイメージ

 

Dancer-mysql-example (quickstart)