Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

6.2.4. PostgreSQL

  1. ギアから v2 PostgreSQL データベースをバックアップします。

    $ rhc ssh -a <v2-application_name>
    $ mkdir ~/app-root/data/tmp
    $ pg_dump <database_name> | gzip > ~/app-root/data/tmp/<database_name>.gz
  2. ローカルマシンに、バックアップファイルを展開します。

    $ rhc scp -a <v2_application_name> download <local_dest> app-root/data/tmp/<db-name>.gz
    $ gzip -d <database-name>.gz
    注記

    手順 4 とは別のフォルダーにバックアップファイルを保存します。

  3. 新規サービスを作成するための v2 アプリケーションのデータベース名、ユーザー名、パスワードを使用して PostgreSQL サービスを作成します。

    $ oc new-app postgresql-persistent -p POSTGRESQL_DATABASE=dbname -p
    POSTGRESQL_PASSWORD=password -p POSTGRESQL_USER=username
  4. Pod の使用準備ができているかどうかを確認します。

    $ oc get pods
  5. Pod を実行中に、バックアップディレクトリーを Pod に同期します。

    $ oc rsync /local/path/to/dir <postgresql_pod_name>:/var/lib/pgsql/data
  6. Pod にリモートからアクセスします。

    $ oc rsh <pod_name>
  7. データベースを復元します。

    psql dbname < /var/lib/pgsql/data/<database_backup_file>
  8. 必要のなくなったバックアップファイルをすべて削除します。

    $ rm /var/lib/pgsql/data/<database-backup-file>

サポート対象の PostgreSQL 環境変数

v2v3

OPENSHIFT_POSTGRESQL_DB_HOST

[service_name]_SERVICE_HOST

OPENSHIFT_POSTGRESQL_DB_PORT

[service_name]_SERVICE_PORT

OPENSHIFT_POSTGRESQL_DB_USERNAME

POSTGRESQL_USER

OPENSHIFT_POSTGRESQL_DB_PASSWORD

POSTGRESQL_PASSWORD

OPENSHIFT_POSTGRESQL_DB_LOG_DIR

 

OPENSHIFT_POSTGRESQL_DB_PID

 

OPENSHIFT_POSTGRESQL_DB_SOCKET_DIR

 

OPENSHIFT_POSTGRESQL_DB_URL

 

OPENSHIFT_POSTGRESQL_VERSION

 

OPENSHIFT_POSTGRESQL_SHARED_BUFFERS

 

OPENSHIFT_POSTGRESQL_MAX_CONNECTIONS

 

OPENSHIFT_POSTGRESQL_MAX_PREPARED_TRANSACTIONS

 

OPENSHIFT_POSTGRESQL_DATESTYLE

 

OPENSHIFT_POSTGRESQL_LOCALE

 

OPENSHIFT_POSTGRESQL_CONFIG

 

OPENSHIFT_POSTGRESQL_SSL_ENABLED

 
 

POSTGRESQL_DATABASE

 

POSTGRESQL_ADMIN_PASSWORD