Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

6.6.2. Webhook

  1. GitHub リポジトリーから BuildConfig を作成した後に、以下を実行します。

    $ oc describe bc/<name-of-your-BuildConfig>

    以下のように、上記のコマンドは webhook GitHub URL を出力します。

    <https://api.starter-us-east-1.openshift.com:443/oapi/v1/namespaces/nsname/buildconfigs/bcname/webhooks/secret/github>.
  2. GitHub の Web コンソールから、この URL を GitHub にカットアンドペーストします。
  3. GitHub リポジトリーで、Settings → Webhooks & Services から Add Webhook を選択します。
  4. Payload URL フィールドに、(上記と同様の) URL の出力を貼り付けます。
  5. Content Typeapplication/json に設定します。
  6. Add webhook をクリックします。

webhook の設定が正常に完了したことを示す GitHub のメッセージが表示されます。

これで変更を GitHub リポジトリーにプッシュするたびに新しいビルドが自動的に起動し、ビルドに成功すると新しいデプロイメントが起動します。

注記

アプリケーションを削除または再作成する場合には、GitHub の Payload URL フィールドを BuildConfig webhook url で更新する必要があります。