Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

9.5. Kubernetes デプロイメントサポート

9.5.1. デプロイメントオブジェクトタイプ

Kubernetes には、OpenShift Container Platform では デプロイメント と呼ばれるファーストクラスのオブジェクトタイプがあります。このオブジェクトタイプ (ここでは区別するために Kubernetes デプロイメント と呼びます) は、デプロイメント設定オブジェクトタイプの派生タイプとして機能します。

デプロイメント設定と同様に、Kubernetes デプロイメントは Pod テンプレートとして、アプリケーションの特定のコンポーネントの必要とされる状態を記述します。Kubernetes デプロイメントは レプリカセット (レプリケーションコントローラーの反復)を作成して、Pod ライフサイクルをオーケストレーションします。

たとえば、Kubernetes デプロイメントのこの定義は、レプリカセットを作成して hello-openshift Pod を 1 つ起動します。

例: Kubernetes デプロイメント定義 hello-openshift-deployment.yaml

apiVersion: apps/v1
kind: Deployment
metadata:
  name: hello-openshift
spec:
  replicas: 1
  selector:
    matchLabels:
      app: hello-openshift
  template:
    metadata:
      labels:
        app: hello-openshift
    spec:
      containers:
      - name: hello-openshift
        image: openshift/hello-openshift:latest
        ports:
        - containerPort: 80

ローカルファイルに定義を保存した後に、Kubernetes デプロイメントの作成にこのファイルを使用できます。

$ oc create -f hello-openshift-deployment.yaml

CLI を使用して、get や describe などの 一般的な操作 で記載されているように、Kubernetes デプロイメントと、他のオブジェクトタイプなどのレプリカセットを検証して、 操作できます。オブジェクトタイプの場合、Kubernetes デプロイメントには deployments または deploy を、レプリカセットには replicasets または rs を使用します。

デプロイメント および レプリカセット に関する詳細は、Kubernetes のドキュメントを参照してください。CLI の使用方法の例で 、oc を kubectl に置き換えてください。