Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

第24章 Daemonset の使用

24.1. 概要

daemonset は、OpenShift Container Platform クラスター内の特定の、またはすべてのノードで Pod のレプリカを実行するために使用できます。

daemonset を使用して共有ストレージを作成し、クラスターのすべてのノードでロギング Pod を実行するか、またはすべてのノードでモニターエージェントをデプロイします。

セキュリティー上の理由から、 クラスター管理者のみが DeamonSet を作成できます。(ユーザーへの Daemonset パーミッションの付与

daemonset についての詳細は、Kubernetes ドキュメントを参照してください

重要

Daemonset のスケジューリングにはプロジェクトのデフォルトノードセレクターとの互換性がありません。これを無効にしない場合、daemonset はデフォルトのノードセレクターとのマージによって制限されます。これにより、マージされたノードセレクターで選択解除されたノードで Pod が頻繁に再作成されるようになり、クラスターに不要な負荷が加わります。

そのため、以下に留意してください。

  • DeamonSet の使用を開始する前に、namespace のアノテーション openshift.io/node-selector を空の文字列に設定することで、namespace のプロジェクトスコープのデフォルトのノードセレクターを無効にします。
# oc patch namespace myproject -p \
    '{"metadata": {"annotations": {"openshift.io/node-selector": ""}}}'
  • 新規プロジェクトを作成している場合、oc adm new-project --node-selector="" を使用してデフォルトのノードセレクターを上書きします。