Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

第40章 カスタムリソース定義からのオブジェクトの作成

40.1. Kubernetes カスタムリソース定義

Kubernetes API では、リソースは特定の種類の API オブジェクトのコレクションを保管するエンドポイントです。たとえば、ビルトインされた Pod リソースには Pod オブジェクトのコレクションが含まれます。

カスタムリソースは、Kubernetes API を拡張するか、またはプロジェクトまたはクラスターに独自の API を導入することを可能にするオブジェクトです。

カスタムリソース定義 (CRD) ファイルは、独自のオブジェクトの種類を定義し、API サーバーがライフサイクル全体を処理できるようにします。

注記

クラスター管理者のみが CRD を作成できますが、読み取りと書き込みのパーミッションがある場合には、CRD からオブジェクトを作成できます。