Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

8.4. ビルド出力

8.4.1. ビルド出力の概要

Docker または Source ストラテジーを使用するビルドにより、新しいコンテナーイメージが作成されます。このイメージは、Build 仕様の output セクションで指定されているコンテナーイメージのレジストリーにプッシュされます。

出力の種類が ImageStreamTag の場合は、イメージが統合された OpenShift Container Platform レジストリーにプッシュされ、指定のイメージストリームにタグ付けされます。出力が DockerImage タイプの場合は、出力参照の名前が Docker のプッシュ仕様として使用されます。この仕様にレジストリーが含まれる場合もありますが、レジストリーが指定されていない場合は、DockerHub にデフォルト設定されます。ビルド仕様の出力セクションが空の場合には、ビルドの最後にイメージはプッシュされません。

ImageStreamTag への出力

spec:
  output:
    to:
      kind: "ImageStreamTag"
      name: "sample-image:latest"

Docker のプッシュ仕様への出力

spec:
  output:
    to:
      kind: "DockerImage"
      name: "my-registry.mycompany.com:5000/myimages/myimage:tag"