Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

8.3. ビルド入力

8.3.1. ビルド入力の仕組み

ビルド入力 は、ビルドが動作するために必要なソースコンテンツを提供します。OpenShift Cotainer Platform では複数の方法でソースを提供します。以下に優先順に記載します。

異なる入力を単一のビルドにまとめることができます。インラインの Dockerfile が優先されるため、別の入力で指定される Dockerfile という名前の他のファイルは上書きされます。バイナリー (ローカル) 入力および Git リポジトリーは併用できません。

入力シークレットは、ビルド時に使用される特定のリソースや認証情報をビルドで生成される最終アプリケーションイメージで使用不可にする必要がある場合や、Secret リソースで定義される値を使用する必要がある場合に役立ちます。外部アーティファクトは、他のビルド入力タイプのいずれとしても利用できない別のファイルをプルする場合に使用できます。

ビルドが実行されるたびに、以下が行われます。

  1. 作業ディレクトリーが作成され、すべての入力内容がその作業ディレクトリーに配置されます。たとえば、入力 Git リポジトリーのクローンはこの作業ディレクトリーに作成され、入力イメージから指定されたファイルはターゲットのパスを使用してこの作業ディレクトリーにコピーされます。
  2. ビルドプロセスによりディレクトリーが contextDir に変更されます (定義されている場合)。
  3. インライン Dockerfile がある場合は、現在のディレクトリーに書き込まれます。
  4. 現在の作業ディレクトリーにある内容が Dockerfile、カスタムビルダーのロジック、または assemble スクリプトが参照するビルドプロセスに提供されます。つまり、ビルドでは contextDir 内にない入力コンテンツは無視されます。

以下のソース定義の例には、複数の入力タイプと、入力タイプの統合方法の説明が含まれています。それぞれの入力タイプの定義方法に関する詳細は、各入力タイプについての個別のセクションを参照してください。

source:
  git:
    uri: https://github.com/openshift/ruby-hello-world.git 1
  images:
  - from:
      kind: ImageStreamTag
      name: myinputimage:latest
      namespace: mynamespace
    paths:
    - destinationDir: app/dir/injected/dir 2
      sourcePath: /usr/lib/somefile.jar
  contextDir: "app/dir" 3
  dockerfile: "FROM centos:7\nRUN yum install -y httpd" 4
1
作業ディレクトリーにクローンされるビルド用のリポジトリー
2
myinputimage/usr/lib/somefile.jar は、 <workingdir>/app/dir/injected/dir に保存されます。
3
ビルドの作業ディレクトリーは <original_workingdir>/app/dir になります。
4
このコンテンツを含む Dockerfile は <original_workingdir>/app/dir に作成され、この名前が指定された既存ファイルは上書きされます。