Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

8.2. 基本的なビルド操作

8.2.1. ビルドの開始

以下のコマンドを使用して、現在のプロジェクトに既存のビルド設定から新規ビルドを手動で起動します。

$ oc start-build <buildconfig_name>

--from-build フラグを使用してビルドを再度実行します。

$ oc start-build --from-build=<build_name>

--follow フラグを指定して、stdout のビルドのログをストリームします。

$ oc start-build <buildconfig_name> --follow

--env フラグを指定して、ビルドに任意の環境変数を設定します。

$ oc start-build <buildconfig_name> --env=<key>=<value>

Git ソースプルまたは Dockerfile に依存してビルドするのではなく、ソースを直接プッシュしてビルドを開始することも可能です。ソースには、Git または SVN の作業ディレクトリーの内容、デプロイする事前にビルド済みのバイナリーアーティファクトのセットまたは単一ファイルのいずれかを選択できます。これは、start-build コマンドに以下のオプションのいずれかを指定して実行できます。

オプション説明

--from-dir=<directory>

アーカイブし、ビルドのバイナリー入力として使用するディレクトリーを指定します。

--from-file=<file>

単一ファイルを指定します。これはビルドソースで唯一のファイルでなければなりません。 このファイルは、元のファイルと同じファイル名で空のディレクトリーのルートに置いてください。

--from-repo=<local_source_repo>

ビルドのバイナリー入力として使用するローカルリポジトリーへのパスを指定します。--commit オプションを追加して、ビルドに使用するブランチ、タグ、またはコミットを制御します。

以下のオプションをビルドに直接指定した場合には、コンテンツはビルドにストリーミングされ、現在のビルドソースの設定が上書きされます。

注記

バイナリー入力からトリガーされたビルドは、サーバー上にソースを保存しないため、ベースイメージの変更でビルドが再度トリガーされた場合には、ビルド設定で指定されたソースが使用されます。

たとえば、以下のコマンドは、タグ v2 からのアーカイブとしてローカルの Git リポジトリーのコンテンツを送信し、ビルドを開始します。

$ oc start-build hello-world --from-repo=../hello-world --commit=v2