Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

9.2.8. デプロイメントリソースの設定

デプロイメントはデプロイメント Pod を使用して完了します。デフォルトで、デプロイメント Pod はスケジュールされているコンピュートノードでバインドされていないノードのリソースを消費します。多くの場合、デプロイメント Pod は少ないリソースを消費し、短期間に実行されるので、バインドされていないリソース消費は問題になりません。プロジェクトがデフォルトのコンテナー制限を指定する場合、デプロイメント Pod で使用されるリソースはそれらの制限に対してカウントされます。

デプロイメント設定のデプロイメントストラテジーを使用して、デプロイメント Pod によって使用されるリソースを制限することができます。デプロイメント Pod のリソース制限は、Recreate(再作成)、Rolling(ローリング)または Custom(カスタム)のデプロイメントストラテジーで使用できます。

以下の例では、resourcescpumemory、および ephemeral-storage はそれぞれオプションです。

type: "Recreate"
resources:
  limits:
    cpu: "100m" 1
    memory: "256Mi" 2
    ephemeral-storage: "1Gi" 3
1
cpu は CPU のユニットで、100m は 0.1 CPU ユニット (100 * 1e-3) を表します。
2
memory はバイト単位です。256Mi は 268435456 バイトを表します (256 * 2 ^ 20)。
3
ephemeral-storage はバイト単位です。1Gi は 1073741824 バイト (2 ^ 30) を表します。ephemeral-storage パラメーターは、管理者が一時ストレージのテクノロジープレビュー機能が有効にされている場合にのみ利用できます

ただし、クォータがプロジェクトに定義されている場合には、以下の 2 つの項目のいずれかが必要です。

適用されない場合は、クォータ基準を満たさないために失敗したというメッセージが出され、デプロイメントの Pod 作成は失敗します。