Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

8.5.3.5. 環境変数

カスタムビルド のプロセスで環境変数を利用できるようにするには、環境変数を BuildConfigcustomStrategy 定義に追加します。

ここに定義された環境変数は、カスタムビルドを実行する Pod に渡されます。

たとえば、ビルド時にカスタムの HTTP プロキシーを定義するには以下を設定します。

customStrategy:
...
  env:
    - name: "HTTP_PROXY"
      value: "http://myproxy.net:5187/"

クラスター管理者は、Ansible を使用してグローバルビルドを設定することもできます

oc set env コマンドで、BuildConfig に定義した環境変数を管理することも可能です。