Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

8.5.3.3. シークレット

すべてのビルドタイプに追加できる ソース および イメージシークレット のほかに、カスタムストラテジーを使用することにより、シークレットの任意の一覧をビルダー Pod に追加できます。

各シークレットは、特定の場所にマウントできます。

strategy:
  customStrategy:
    secrets:
      - secretSource: 1
          name: "secret1"
        mountPath: "/tmp/secret1" 2
      - secretSource:
          name: "secret2"
        mountPath: "/tmp/secret2"
1
secretSource は、ビルドと同じ namespace にあるシークレットへの参照です。
2
mountPath は、シークレットがマウントされる必要のあるカスタムビルダー内のパスです。
8.5.3.3.1. Web コンソールを使用したシークレットの追加

プライベートリポジトリーにアクセスできるようにビルド設定にシークレットを追加するには、以下を実行します。

  1. 新規の OpenShift Container Platform プロジェクトを作成します。
  2. プライベートのソースコードリポジトリーにアクセスするための認証情報が含まれる シークレットを作成 します。
  3. カスタムビルド設定 を作成します。
  4. ビルド設定のエディターページまたは、web コンソールfromimage ページで、ソースシークレット を設定します。
  5. Save ボタンをクリックします。