Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

8.7.4. 設定変更のトリガー

設定変更のトリガーは、BuildConfig がされると同時に自動的にビルドが呼び出されます。以下の例は、BuildConfig 内のトリガー定義の YAML です。

  type: "ConfigChange"
注記

設定変更のトリガーは新しい BuildConfig が作成された場合のみ機能します。今後のリリースでは、設定変更トリガーは、BuildConfig が更新されるたびにビルドを起動できるようになります。

8.7.4.1. トリガーの手動設定

トリガーは、oc set triggers でビルド設定に対して追加/削除できます。たとえば、GitHub webhook トリガーをビルド設定に追加するには以下を使用します。

$ oc set triggers bc <name> --from-github

イメージ変更トリガーを設定するには以下を使用します。

$ oc set triggers bc <name> --from-image='<image>'

トリガーを削除するには --remove を追加します。

$ oc set triggers bc <name> --from-bitbucket --remove
注記

Webhook トリガーがすでに存在する場合には、トリガーをもう一度追加すると、Webhook のシークレットが再生成されます。

詳細情報は、oc set triggers --help のヘルプドキュメントを参照してください。