Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

38.3. Cron ジョブ後のクリーンアップ

.spec.successfulJobsHistoryLimit.spec.failedJobsHistoryLimit のフィールドはオプションです。これらのフィールドでは、完了したジョブおよび失敗したジョブの数を指定します。デフォルトで、これらのジョブの保存数はそれぞれ 31 に設定されます。制限に 0 を設定すると、終了後に対応する種類のジョブのいずれも保持しません。

Cron ジョブはジョブや Pod などのアーティファクトリソースをそのままにすることがあります。ユーザーは履歴制限を設定して古いジョブとそれらの Pod が適切に消去されるようにすることが重要です。現時点で、これに対応する 2 つのフィールドが Cron ジョブ仕様にあります。

apiVersion: batch/v1beta1
kind: CronJob
metadata:
  name: pi
spec:
  successfulJobsHistoryLimit: 3 1
  failedJobsHistoryLimit: 1     2
  schedule: "*/1 * * * *"
  jobTemplate:
    spec:
  ...
1
保持する成功した終了済みジョブの数。デフォルト値は 3 です。
2
保持する失敗した終了済みジョブの数。デフォルト値は 1 です。