Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

8.7.2.3. Bitbucket Webhook

Bitbucket webhook リポジトリーの更新時の Bitbucket による呼び出しを処理します。これまでのトリガーと同様に、secret を指定する必要があります。以下の例は、BuildConfig 内のトリガー定義の YAML です。

type: "Bitbucket"
bitbucket:
  secretReference:
    name: "mysecret"

oc describe コマンドは、ペイロード URL を Bitbucket Webhook URL として返します (「Webhook URL の表示参照)。ペイロード URL は以下のような構成です。

https://<openshift_api_host:port>/oapi/v1/namespaces/<namespace>/buildconfigs/<name>/webhooks/<secret>/bitbucket

Bitbucket Webhook を設定するには以下を実行します。

  1. ビルド設定を記述して、webhook URL を取得します。

    $ oc describe bc <name>
  2. Webhook URL をコピーします。 <secret> はシークレットの値に置き換えます。
  3. Bitbucket の設定手順に従い、Bitbucket リポジトリーの設定に webhook URL を貼り付けます。

payload.json などの有効な JSON ペイロードがファイルに含まれる場合には、curl を使用して webhook を手動でトリガーできます。

$ curl -H "X-Event-Key: repo:push" -H "Content-Type: application/json" -k -X POST --data-binary @payload.json https://<openshift_api_host:port>/oapi/v1/namespaces/<namespace>/buildconfigs/<name>/webhooks/<secret>/bitbucket

-k の引数は、API サーバーに正しく署名された証明書がない場合にのみ必要です。