Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

41.2. 背景情報

まず OpenShift Container Platform によるコンピュートリソースの管理方法の概要をよく読んでから次の手順に進むことをお勧めします

アプリケーションメモリーのサイジングについては、以下が主要なポイントになります。

  • それぞれの種類のリソース (メモリー、cpu、ストレージ) については、OpenShift Container Platform ではオプションの 要求 および 制限 の値を Pod の各コンテナーに設定できます。ここでは、メモリー要求とメモリー制限のみに言及します。
  • メモリー要求

    • メモリー要求値は、指定される場合 OpenShift Container Platform スケジューラーに影響を与えます。スケジューラーは、コンテナーのノードへのスケジュール時にメモリー要求を考慮し、コンテナーの使用のために選択されたノードで要求されたメモリーをフェンスオフします。
    • ノードのメモリーが使い切られると、OpenShift Container Platform はメモリー使用がメモリー要求を最も超過しているコンテナーのエビクションを優先します。メモリー消費の深刻な状況が生じる場合、ノードの OOM killer は同様のメトリクスに基づいてコンテナーでプロセスを選択し、これを強制終了する場合があります。
  • メモリー制限

    • メモリー制限値が指定されている場合、コンテナーのすべてのプロセスに割り当て可能なメモリーにハード制限を指定します。
    • コンテナーのすべてのプロセスで割り当てられるメモリーがメモリー制限を超過する場合、ノードの OOM killer はコンテナーのプロセスをすぐに選択し、これを強制終了します。
    • メモリー要求とメモリー制限の両方が指定される場合、メモリー制限の値はメモリー要求の値よりも大きいか、またはこれと等しくなければなりません。
  • 管理

    • クラスター管理者はメモリーの要求値、制限値、これらの両方に対してクォータを割り当てるか、いずれにも割り当てないようにすることができます。
    • クラスター管理者はメモリーの要求値、制限値またはこれらの両方についてデフォルト値を割り当てることも、それらのいずれにもデフォルト値を割り当てないようにすることもできます。
    • クラスター管理者は、クラスターのオーバーコミットを管理するために開発者が指定するメモリー要求の値を上書きできます。これは OpenShift Online などで行われます。