Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

7.3.3. アプリケーションの作成

Rails アプリケーションをゼロからビルドするには、Rails gem を先にインストールする必要があります。

$ gem install rails
Successfully installed rails-4.2.0
1 gem installed

Rails gem のインストール後に、PostgreSQL をデータベースとして 指定して新規アプリケーションを作成します。

$ rails new rails-app --database=postgresql

次に、新規ディレクトリーに移動します。

$ cd rails-app

アプリケーションがすでにある場合には pg (postgresql) gem が Gemfile に配置されていることを確認します。配置されていない場合には、Gemfile を編集して gem を追加します。

gem 'pg'

すべての依存関係を含む Gemfile.lock を新たに生成するには、以下を実行します。

$ bundle install

pg gem で postgresql データベースを使用することのほかに、config/database.ymlpostgresql アダプターを使用していることを確認する必要があります。

config/database.yml ファイルの default セクションを以下のように更新するようにしてください。

default: &default
  adapter: postgresql
  encoding: unicode
  pool: 5
  host: localhost
  username: rails
  password:

アプリケーションの開発およびテストデータベースを作成するには、以下の rake コマンドを使用します。

$ rake db:create

これで PostgreSQL サーバーに development および test データベースが作成されます。

7.3.3.1. Welcome ページの作成

Rails 4 では、静的な public/index.html ページが実稼働環境で提供されなくなったので、新たに root ページを作成する必要があります。

welcome ページをカスタマイズするには、以下の手順を実行する必要があります。

  • index アクションで コントローラー を作成します。
  • welcome コントローラー index アクションの ビュー ページを作成します。
  • 作成した コントローラービュー と共にアプリケーションの root ページを提供する ルート を作成します。

Rails には、これらの必要な手順をすべて実行するジェネレーターがあります。

$ rails generate controller welcome index

必要なファイルはすべて作成されたので、config/routes.rb ファイルの 2 行目を以下のように編集することのみが必要になります。

root 'welcome#index'

rails server を実行して、ページが利用できることを確認します。

$ rails server

ブラウザーで http://localhost:3000 に移動してページを表示してください。このページが表示されない場合は、サーバーに出力されるログを確認してデバッグを行ってください。