Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

42.2. 背景情報

注記

一時ストレージを使用する前に、OpenShift Container Platform が コンピュートリソース を使用する方法を確認してください。

アプリケーションの一時ストレージのサイジングについては、以下が主要なポイントになります。

  • それぞれの種類のリソース (メモリー、CPU、ストレージ、一時ストレージ) については、OpenShift Container Platform ではオプションの 要求 および 制限 の値を Pod の各コンテナーに設定できます。

    一時ストレージの要求
  • 一時ストレージの要求値を指定する場合には、OpenShift Container Platform スケジューラーがその影響を受けます。スケジューラーはコンテナーのノードへのスケジュール時に一時ストレージ要求を考慮し、選択されたノード上で要求された一時ストレージをフェンスオフして、コンテナーで使用できるようにします。

    一時ストレージの制限
  • 一時ストレージの制限値を指定する場合には、コンテナーの全プロセスで割り当て可能な一時ストレージにハード制限を指定します。
  • 一時ストレージ要求と制限の両方を指定する場合には、一時ストレージの制限値は一時ストレージの要求値以上の値に指定する必要があります。

    管理
  • クラスター管理者は、一時ストレージの要求値、制限値、これらの両方に対してクォータを割り当てるか、いずれにも割り当てないようにすることができます。
  • クラスター管理者は、一時ストレージの要求値、制限値またはこれらの両方についてデフォルト値を割り当てることも、それらのいずれにもデフォルト値を割り当てないようにすることもできます。
  • クラスター管理者は、クラスターのオーバーコミットを管理するために、開発者が指定する一時ストレージの要求値を上書きできます。これは OpenShift Online などで行われます。