Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

第2章 アプリケーションライフサイクル管理

2.1. 開発プロセスの計画

2.1.1. 概要

OpenShift Container Platform はアプリケーションをビルドし、デプロイできるように設計されています。OpenShift Container Platform を開発プロセスにどの程度組み込むかに応じて、以下から選択できます。

  • OpenShift Container Platform プロジェクト内での開発にフォーカスし、アプリケーションをゼロからビルドし、その後の継続的な開発とライフサイクルの管理を行うために OpenShift Container Platform を使用する。
  • 別の環境ですでに開発したアプリケーション (例: バイナリー、コンテナーイメージ、ソースコード) を OpenShift Container Platform にデプロイする。

2.1.2. 開発環境としての OpenShift Container Platform の使用

Deploying then developing on OpenShift Container Platform

OpenShift Container Platform を直接使用してアプリケーションの開発をゼロから行うことができます。この種類の開発プロセスを計画する場合には、以下の手順を考慮してください。

初期計画

  • アプリケーションの機能は?
  • どのプログラミング言語を使用して開発するか?

OpenShift Container Platform へのアクセス

  • この時点で、ご自身または組織内の管理者が OpenShift Container Platform をインストールする必要があります。

開発

生成

管理

  • アプリケーションコードの開発を開始します。
  • アプリケーションが正常にビルドされることを確認します。
  • 引き続きコードをローカルで開発し、コードを改良します。
  • コードを Git リポジトリーにプッシュします。
  • 追加の設定が必要かどうかを確認します。追加のオプションについて『開発者ガイド』で確認してください

検証

  • アプリケーションは数多くの方法で検証できます。変更をアプリケーションの Git リポジトリーにプッシュし、OpenShift Container Platform を使用してアプリケーションの再ビルドおよび再デプロイを行うことができます。または、rsync でホットデプロイを実行して、コードの変更を実行中の Pod で同期できます。

2.1.3. アプリケーションの OpenShift Container Platform へのデプロイ

Developing then deploying on OpenShift Container Platform

アプリケーション開発ストラテジーの別の可能性として、ローカルで開発してから OpenShift Container Platform を使用して完全に開発されたアプリケーションをデプロイする方法があります。アプリケーションコードを先に準備してからビルドし、完了後に OpenShift Container Platform インストールにデプロイする場合は、以下の手順を使用します。

初期計画

  • アプリケーションの機能は?
  • どのプログラミング言語を使用して開発するか?

開発

  • 任意のエディターまたは IDE を使用してアプリケーションコードを開発します。
  • アプリケーションコードをローカルでビルドしてテストします。
  • コードを Git リポジトリーにプッシュします。

OpenShift Container Platform へのアクセス

  • この時点で、ご自身または組織内の管理者が OpenShift Container Platform をインストールする必要があります。

生成

検証

  • 前述の生成手順においてビルドおよびデプロイしたアプリケーションが OpenShift Container Platform で正常に実行されていることを確認します。

管理