Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

第1章 CRI-O コンテナーエンジンの使用

CRI-O は、オープンソースのコミュニティー主導型のコンテナーエンジンです。その主な目的は、OpenShift Container Platform などの Kubernetes 実装のコンテナーエンジンとして Docker サービスを置き換えることにあります。

CRI-O の使用者向けに、本書では OpenShift Container Platform のインストール時に CRI-O をインストールする方法と、CRI-O ノードを既存の OpenShift Container Platform クラスターに追加する方法について説明します。本書では、CRI-O エンジンの設定方法およびトラブルシューティングの方法についての情報も提供します。

1.1. CRI-O について

CRI-O コンテナーエンジンは、Open Container Initiative (OCI) と互換性のあるランタイムを実行するための、安定性があり、より安全で高性能のプラットフォームを提供します。CRI-O コンテナーエンジンを使用して、runc、デフォルトの OCI ランタイム、または Kata Containers などの OCI 準拠のランタイムを使用することにより、コンテナーおよび Pod を起動できます。CRI-Oの目的は、Dockerサービスに代わって、OpenShift Container PlatformおよびKubernetes用のKubernetes Container Runtime Interface(CRI)を実装するコンテナーエンジンになることです。

CRI-O は効率的なコンテナーエンジンを提供しますが、他のコンテナー機能は、革新的で独立したコマンドの個別のセットとして実装されます。このアプローチにより、Kubernetes ベースのインストール用のコンテナーエンジンであるという CRI-O の主な目標を妨げることなく、コンテナー管理機能を独自のペースで開発することができます。

CRI-Oの安定性は、Kubernetesのメジャーリリースとマイナーリリースと並行して開発、テスト、リリースされ、OCI標準に準拠しているという事実に基づいています。たとえば、CRI-O 1.11 は Kubernetes 1.11 と連携します。CRI-O の範囲はContainer Runtime Interface (CRI)に関連付けられています。CRI は、コンテナーエンジンから Kubernetes サービス(kubelet)が必要とするものを正確に抽出し、標準化しました。CRIチームは、複数のコンテナエンジンが開発され始めたときに、Kubernetesコンテナエンジンの要件を安定させるためにこれを行いました。

CRI-Oとコマンドラインで直接アクセスする必要はほとんどありません。ただし、テストおよびモニタリングのために CRI-O へのフルアクセスを提供し、CRI-O が提供しないものの Docker で提供されることが予想される機能を提供するために、一連のコンテナー関連のコマンドラインツールを利用できます。これらのツールは、docker コマンドおよびサービスで利用可能なものを置き換え、拡張します。ツールには以下が含まれます。

  • crictl: トラブルシューティングを行い、CRI-O コンテナーエンジンと直接連動させるために使用
  • runc: コンテナーイメージを実行するために使用
  • podman: コンテナーエンジンの外部で Pod およびコンテナーイメージ(run、stop、start、ps、attach、exec など)を管理するために使用
  • buildah: コンテナーイメージを構築、プッシュ、および署名するために使用
  • skopeo: イメージをコピー、検証、削除、および署名するために使用

一部の Docker 機能は、CRI-O ではなく他のツールに含まれます。たとえば、podman は、数多くの docker コマンド機能と正確なコマンドラインの互換性を提供し、これらの機能を Pod の管理にも拡張します。podman でコンテナーまたは Pod を実行する上で、コンテナーエンジンは必要ありません。

buildahコマンドでは、同じくコンテナーエンジンでは必要とされない、コンテナーイメージの構築、プッシュ、および署名の機能を使用できます。dockerに代わるこれらのコマンドの詳細は、Finding, Running and Building Containers without Dockerを参照してください。