Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

27.3. Red Hat Gluster Storage を使用する永続ストレージ

27.3.1. 概要

Red Hat Gluster Storage は、OpenShift Container Platform の永続ストレージおよび動的プロビジョニングを提供するように設定できます。OpenShift Container Platform 内のコンテナー化ストレージ (コンバージドモード) と、独自のノードでコンテナー化されていないノード (インデペンデントモード) の両方を使用することができます。

27.3.1.1. コンバージドモード

接続モードの場合、Red Hat Gluster Storage は、Container-Native Storage を使って、コンテナー化されたディレクトリーを OpenShift Container Platform ノードで実行します。それにより、コンピュートおよびストレージインスタンスをスケジュールでき、同じハードウェアのセットから実行することができます。

図27.1 アーキテクチャー: コンバージドモード

Architecture - converged mode

コンバージドモードは Red Hat Gluster Storage 3.4 で利用できます。詳細は、「Container-Native Storage for OpenShift Container Platform」を参照してください。

27.3.1.2. インデペンデントモード

独立モードの場合、Container-Ready Storage を使用することで、Red Hat Gluster Storage は独自の専用ノードで実行され、GlusterFS のボリューム管理 REST サービスの heketi のインスタンスによって管理されます。この heketi サービスは、スタンドアロンではなく、コンテナー化された状態で実行する必要があります。コンテナー化の場合、簡単なメカニズムで高可用性をサービスに提供できます。本書では、コンテナー化された heketi 設定にフォーカスします。

27.3.1.3. スタンドアロンの Red Hat Gluster Storage

スタンドアロンの Red Hat Gluster Storage クラスターが環境で使用できる場合、OpenShift Container Platform の GlusterFS ボリュームプラグインを使用してそのクラスター上でボリュームを使用することができます。この方法は、アプリケーションが専用のコンピュートノード、OpenShift Container Platform クラスターで実行され、ストレージはその専用ノードから提供される従来のデプロイメントです。

図27.2 アーキテクチャー - OpenShift Container Platform の GlusterFS ボリュームプラグインを使用したスタンドアロンの Red Hat Gluster Storage クラスター

Architecture - Standalone Red Hat Gluster Storage Cluster Using OpenShift Container Platform’s GlusterFS Volume Plug-in

Red Hat Gluster Storage の詳細は、『Red Hat Gluster Storage Installation Guide』および『Red Hat Gluster Storage Administration Guide』を参照してください。

重要

インフラストラクチャーにおけるストレージの高可用性は、基礎となるストレージのプロバイダーに委ねられています。

27.3.1.4. GlusterFS ボリューム

GlusterFS ボリュームは、POSIX に準拠したファイルシステムを提供し、クラスター上の 1 つ以上のノードにまたがる 1 つ以上の「ブリック」から構成されます。このブリックは所定のストレージノード上のディレクトリーであり、一般的にブロックストレージデバイスのマウントポイントになります。GlusterFS はボリュームの設定に応じて、所定のボリュームのブリック間でファイルの分散および複製を処理します。

heketi は、ボリューム管理において、作成、削除、サイズ変更といった一般的な操作に使用することが推奨されます。OpenShift Container Platform は、GlusterFS プロビジョナーを使用する際に heketi が存在していることを前提としています。heketi はデフォルトで、レプリカ数が 3 のボリュームを作成します。 このボリュームの各ファイルには 3 つの異なるノードをまたがる 3 つのコピーがあります。 したがって、heketi が使用する Red Hat Gluster Storage クラスターでは 3 つ以上のノードを利用可能にすることが推奨されます。

GlusterFS ボリュームに使用可能な機能は多数ありますが、これらについては本書では扱いません。

27.3.1.5. gluster-block ボリューム

gluster-block ボリュームは、iSCSI 上にマウントすることが可能なボリュームです。既存の GlusterFS ボリュームにファイルを作成し、そのファイルをブロックデバイスとして iSCSI ターゲットを介して提供することでマウントできます。このような GlusterFS ボリュームは、ブロックホスティングボリュームと呼ばれます。

gluster-block ボリュームにはトレードオフもあります。iSCSI ターゲットとして使用される場合、複数のノード/クライアントでマウントできる GlusterFS ボリュームとは対照的に、gluster-block ボリュームをマウントできるのは 1 回に 1 つのノード/クライアントのみです。ただし、バックエンドのファイルであるため、GlusterFS ボリュームでは一般にコストのかかる操作 (メタデータの参照など) を、GlusterFS ボリュームでの一般的により高速な操作 (読み取り、書き込みなど) に変換することが可能です。それにより、特定の負荷に対するパフォーマンスを大幅に改善できる可能性があります。

重要

OpenShift Container Storage と OpenShift Container Platform の相互運用性の詳細は、「OpenShift Container Storage and OpenShift Container Platform interoperability matrix」を参照してください。

27.3.1.6. Gluster S3 Storage

Gluster S3 サービスは、ユーザーアプリケーションが S3 インターフェースを介して GlusterFS ストレージへアクセスすることを可能にします。このサービスは GlusterFS の、オブジェクトデータ用とオブジェクトメタデータ用の 2 つのボリュームにバインドされ、受信する S3 REST 要求をボリューム上のファイルシステム操作に変換します。このサービスは OpenShift Container Platform 内の Pod として実行することが推奨されます。

重要

現時点では、Gluster S3 サービスの使用およびインストールはテクノロジープレビューの段階にあります。