Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

4.5. コンテナープロバイダー統合の有効化

4.5.1. 単一コンテナープロバイダーの追加

「インストーラーの実行」で説明されているように Red Hat CloudForms を OpenShift Container Platform にデプロイした後に、コンテナープロバイダーの統合を有効にする方法は 2 つあります。OpenShift Container Platform をコンテナープロバイダーとして手動で追加するか、このロールに含まれる Playbook を試してみてください。

4.5.1.1. 手動の追加

OpenShift Container Platform クラスターをコンテナープロバイダーとして手動で追加する手順については、以下の Red Hat CloudForms ドキュメントを参照してください。

4.5.1.2. 自動の追加

コンテナープロバイダーの自動的な統合は、このロールに含まれている Playbook を使用して実行できます。

この Playbook は以下を実行します。

  1. 必要な認証シークレットを収集します。
  2. Red Hat CloudForms アプリケーションとクラスター API への公開ルートを検索します。
  3. REST の呼び出しを実行し、OpenShift Container Platform クラスターをコンテナープロバイダーとして追加します。

Playbook ディレクトリーに切り替え、コンテナープロバイダーの Playbook を実行します。

$ cd /usr/share/ansible/openshift-ansible
$ ansible-playbook -v [-i /path/to/inventory] \
    openshift-management/add_container_provider.yml