Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

第36章 コンテナーログの集計

36.1. 概要

OpenShift Container Platform のクラスター管理者として、EFK スタックをデプロイして各種の OpenShift Container Platform サービスのログを集計できます。アプリケーション開発者は、表示アクセス権を持つプロジェクトのログを表示することができます。EFK スタックは、複数のコンテナーまたは削除された Pod からのものであっても、ホストとアプリケーションからログを集計します。

EFK スタックは ELK スタックの変更バージョンであり、以下で構成されています。

  • Elasticsearch (ES): すべてのログが格納されるオブジェクトストア。
  • Fluentd: ノードからログを収集し、そのログを Elasticsearch に送ります。
  • Kibana: Elasticsearch の Web UI。

クラスターにデプロイされると、スタックはすべてのノードおよびプロジェクトのログを Elasticsearch に集計し、ログを表示するために Kibana UI を提供します。クラスター管理者はすべてのログを表示できますが、アプリケーション開発者は表示権限を持つプロジェクトのログのみを表示できます。スタックのコンポーネントは安全な通信を実行します。

注記

Docker コンテナーログの管理」では、コンテナーログを管理し、ノードディスクが満杯になることを阻止するための json-file ロギングドライバーオプションの使用について説明しています。