Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

第2章 レジストリーのセットアップ

2.1. 内部レジストリーの概要

2.1.1. レジストリーについて

OpenShift Container Platform は、ソースコードからコンテナーイメージをビルドし、デプロイし、そのライフサイクルを管理することができます。これを可能にするため、 OpenShift Container Platform は内部の 統合コンテナーイメージレジストリー を提供しています。このレジストリーは OpenShift Container Platform 環境にデプロイでき、ここからイメージをローカルで管理できます。

2.1.2. 統合レジストリーまたはスタンドアロンレジストリー

完全な OpenShift Container Platform クラスターの初回インストール時に、レジストリーはインストールプロセスで自動的にデプロイされている可能性があります。自動的にデプロイされていなかった場合やレジストリー設定のカスタマイズが追加で必要になる場合には、「既存クラスターへのレジストリーのデプロイ」を参照してください。

OpenShift Container Platform のレジストリーは、完全な OpenShift Container Platform クラスターの統合部分として実行されるようにデプロイすることが可能である一方、スタンドアロンのコンテナーイメージレジストリーとして個別にインストールすることも可能です。

スタンドアロンレジストリーをインストールするには、「スタンドアロンレジストリーのインストール」の手順に従ってください。このインストールパスは、レジストリーと専用の Web コンソールを実行するオールインワンのクラスターをデプロイします。