Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

第3章 ルーターのセットアップ

3.1. ルーターの概要

3.1.1. ルーターについて

トラフィックをクラスターに送る方法は多数あります。最も一般的な方法として、 OpenShift Container Platform インストールで OpenShift Container Platform ルーター を、サービス 向けの外部トラフィックの ingress ポイントとして使用できます。

OpenShift Container Platform は以下のルータープラグインを提供し、サポートしています。

3.1.2. ルーターのサービスアカウント

OpenShift Container Platform クラスターをデプロイする前に、ルーターのサービスアカウントを用意しておく必要があります。これには、クラスターのインストール時に自動的に作成されます。 このサービスアカウントには、ホストのポートの指定に使用できる SCC (security context constraints) へのパーミッションがあります。

3.1.2.1. ラベルにアクセスするためのパーミッション

namespace ラベルが使用されている場合 (ルーターシャードを作成している場合など)、ルーターのサービスアカウントにはcluster-reader のパーミッションが必要になります。

$ oc adm policy add-cluster-role-to-user \
    cluster-reader \
    system:serviceaccount:default:router

サービスアカウントを準備したら、デフォルト HAProxy ルーターカスタマイズ HAProxy ルーター のインストールに進むことができます。