Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

16.2.7. 使用例

OpenShift Container Platform 内でのスケジューリングの重要な使用例として、柔軟なアフィニティーと非アフィニティーポリシーのサポートを挙げることができます。

16.2.7.1. インフラストラクチャーのトポロジーレベル

管理者は、ノードのラベル (例: region=r1zone=z1rack=s1) を指定してインフラストラクチャーの複数のトポロジーレベルを定義することができます。

これらのラベル名には特別な意味はなく、管理者はそれらのインフラストラクチャーラベルに任意の名前 (例: 都市/建物/部屋) を付けることができます。また、管理者はインフラストラクチャートポロジーに任意の数のレベルを定義できます。通常は、(regionszonesracks) などの 3 つのレベルが適切なサイズです。管理者はこれらのレベルのそれぞれにアフィニティーと非アフィニティールールを任意の組み合わせで指定することができます。