Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

2.10. ノードの再起動

プラットフォームで実行されるアプリケーションを停止せずにノードを再起動するには、まず Pod の退避を実行する必要があります。ルーティング階層によって可用性が高くされている Pod については、何も実行する必要はありません。ストレージ (通常はデータベース) を必要とするその他の Pod については、それらが 1 つの Pod が一時的にオフラインになっても作動したままになることを確認する必要があります。ステートフルな Pod の回復性はアプリケーションごとに異なりますが、いずれの場合でも、ノードの非アフィニティー (node anti-affinity) を使用して Pod が使用可能なノード間に適切に分散するようにスケジューラーを設定することが重要になります。

別の課題として、ルーターやレジストリーのような重要なインフラストラクチャーを実行しているノードを処理する方法を検討する必要があります。同じノードの退避プロセスが適用されますが、一部のエッジケースについて理解しておくことが重要です。

2.10.1. インフラストラクチャーノード

インフラストラクチャーノードは、OpenShift Container Platform 環境の一部を実行するためにラベルが付けられたノードです。現在、ノードの再起動を管理する最も簡単な方法として、インフラストラクチャーを実行するために利用できる 3 つ以上のノードを確保することができます。以下のシナリオでは、2 つのノードのみが利用可能な場合に OpenShift Container Platform で実行されるアプリケーションのサービスを中断しかねないよくある問題を示しています。

  • ノード A がスケジュール対象外としてマークされており、すべての Pod の退避が行われている。
  • このノードで実行されているレジストリー Pod がノード B に再デプロイされる。 これは、ノード B が両方のレジストリー Pod を実行していることを意味します。
  • ノード B はスケジュール対象外としてマークされ、退避が行われる。
  • ノード B の 2 つの Pod エンドポイントを公開するサービスは、それらがノード A に再デプロイされるまでの短い期間すべてのエンドポイントを失う。

3 つのインフラストラクチャーノードを使用する同じプロセスではサービスの中断が生じません。しかし、Pod のスケジューリングにより、退避してローテーションに戻された最後のノードはゼロ (0) レジストリーを実行していることになり、他の 2 つのノードは 2 つのレジストリーと 1 つのレジストリーをそれぞれ実行します。他の 2 つのノードは 2 つのレジストリーと 1 つのレジストリーをそれぞれ実行します。最適なソリューションとして、Pod の非アフィニティーを使用します。これは現在テスト目的で利用できる Kubernetes のアルファ機能ですが、実稼働ワークロードに対する使用はサポートされていません。