Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

16.6.6. 優先順位およびプリエンプションの無効化

Pod の優先順位およびプリエンプション機能を無効にできます。

この機能が無効にされた後に、既存 Pod はそれらの優先順位フィールドを維持しますが、プリエンプションは無効にされ、優先順位フィールドは無視されます。この機能が無効にされると、新規 Pod に優先順位クラス名を設定できません。

重要

クラスターがリソース不足の状態にある場合、Critical Pod のスケジューリングにはスケジューラーのプリエンプションが使用されます。このため、プリエンプションを無効にしないことが推奨されています。DaemonSet Pod は DaemonSet コントローラーによってスケジュールされるため、プリエンプションを無効にしても影響を受けません。

クラスターのプリエンプションを無効にするには、以下を実行します。

  1. schedulerArgs セクションの disablePreemption パラメーターを false に設定するように master-config.yaml を変更します。

    disablePreemption=false
  2. 変更を有効にするために OpenShift Container Platform マスターサービスおよびスケジューラーを再起動します。

    # master-restart api
    # master-restart scheduler