Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

9.3. サービスアカウントの管理

サービスアカウントは、各プロジェクトに存在する API オブジェクトです。サービスアカウントを管理するには、sa または serviceaccount オブジェクトタイプと共に oc コマンドを使用するか、または web コンソールを使用することができます。

現在のプロジェクトの既存のサービスアカウントの一覧を取得するには、以下を実行します。

$ oc get sa
NAME       SECRETS   AGE
builder    2         2d
default    2         2d
deployer   2         2d

新規のサービスアカウントを作成するには、以下を実行します。

$ oc create sa robot
serviceaccount "robot" created

サービスアカウントの作成後すぐに、以下の 2 つのシークレットが自動的に追加されます。

  • API トークン
  • OpenShift Container レジストリーの認証情報

これらはサービスアカウントを記述すると表示できます。

$ oc describe sa robot
Name:		robot
Namespace:	project1
Labels:		<none>
Annotations:	<none>

Image pull secrets:	robot-dockercfg-qzbhb

Mountable secrets: 	robot-token-f4khf
                   	robot-dockercfg-qzbhb

Tokens:            	robot-token-f4khf
                   	robot-token-z8h44

システムは、サービスアカウントが常に API トークンとレジストリーの認証情報を持っていることを保証します。

生成される API トークンとレジストリーの認証情報は期限切れになることはありませんが、シークレットを削除することで取り消すことができます。シークレットが削除されると、新規のシークレットが自動生成され、これに置き換わります。