Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

第14章 イメージのモニタリング

14.1. 概要

CLI を使用し、インスタンスで イメージおよびノードをモニタリングできます。

14.2. イメージ統計の表示

OpenShift Container Platform が管理するすべてのイメージの使用状況についてのいくつかの統計を表示できます。つまり、直接またはビルドによって内部レジストリーにプッシュされるすべてのイメージの統計を表示できます。

使用状況の統計を表示するには、以下を実行します。

$ oc adm top images
NAME                 IMAGESTREAMTAG            PARENTS                   USAGE                         METADATA    STORAGE
sha256:80c985739a78b openshift/python (3.5)                                                            yes         303.12MiB
sha256:64461b5111fc7 openshift/ruby (2.2)                                                              yes         234.33MiB
sha256:0e19a0290ddc1 test/ruby-ex (latest)     sha256:64461b5111fc71ec   Deployment: ruby-ex-1/test    yes         150.65MiB
sha256:a968c61adad58 test/django-ex (latest)   sha256:80c985739a78b760   Deployment: django-ex-1/test  yes         186.07MiB

コマンドにより、以下の情報が表示されます。

  • イメージ ID
  • プロジェクト、名前、および付随する ImageStreamTag のタグ
  • イメージ ID で一覧表示されるイメージの潜在的な親
  • イメージが使用される場所についての情報
  • イメージに適切な Docker メタデータ情報が含まれるかどうかを示すフラグ
  • イメージのサイズ

14.3. ImageStreams 統計の表示

すべての ImageStreams の使用状況についてのいくつかの統計を表示できます。

使用状況の統計を表示するには、以下を実行します。

$ oc adm top imagestreams
NAME                STORAGE     IMAGES  LAYERS
openshift/python    1.21GiB     4       36
openshift/ruby      717.76MiB   3       27
test/ruby-ex        150.65MiB   1       10
test/django-ex      186.07MiB   1       10

コマンドにより、以下の情報が表示されます。

  • プロジェクトおよび ImageStream の名前
  • 内部 Red Hat Container Registryに保存される ImageStream 全体のサイズ
  • この特定の ImageStream が参照しているイメージの数
  • ImageStream を構成する層の数

14.4. イメージのプルーニング

上記のコマンドで返される情報は、イメージのプルーニングを実行する際に役立ちます。