Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

第45章 Kuryr SDN の管理

45.1. 概要

Kuryr (または Kuryr-Kubernetes) は OpenShift Container Platform における SDN のオプションの 1 つです。Kuryr は OpenStack ネットワークサービスの Neutron を使用して Pod をネットワークに接続します。この方法で、Pod は OpenStack 仮想マシン (VM) との内部の接続を確保します。これは、OpenStack VM でデプロイされた OpenShift Container Platform クラスターに役立ちます。

45.1.1. 孤立した OpenStack リソース

Kuryr で作成されたすべての OpenStack リソースは、OpenShift Container Platform リソースのライフサイクルに関連付けられます。OpenStack VM などの Kuryr で作成されたリソースを手動で削除すると、OpenStack デプロイメントに孤立したリソースが生じる可能性があります。これには、Kury で使用されるように事前に作成された Neutron ポート、Octavia、ロードバランサー、ネットワーク、サブネット、およびセキュリティーグループが含まれますが、これらに制限されません。孤立したリソースは、kuryr.conf ファイル内にあるリソース ID を検索して適切に削除できます。または、Kuryr リソースが別の OpenStack ユーザーによって作成されている場合、ユーザーは関連付けられたユーザー名で OpenStack API をクエリーできます。