Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

第36章 依存関係ツリーのビルド

36.1. 概要

OpenShift Container Platform は、image stream tag の更新時を検知するために、BuildConfigimage change triggers を使用します。oc adm build-chain コマンドを使用して、指定された イメージストリーム でイメージを更新することによって影響を受ける イメージ を特定する依存関係ツリーをビルドできます。

build-chain ツールは、トリガーする ビルド を決定できます。それらのビルドの出力を分析して、別の イメージストリームタグ を更新するかどうかを判断します。その場合、これらのツールは引き続き依存関係ツリーに従います。更新する場合、このツールは依存関係ツリーを引き続きフォローします。最後に、トップレベルのタグの更新によって影響を受けるイメージストリームタグを指定するグラフを出力します。 このツールのデフォルトの出力構文は人間が判読できる形式に設定されます。 DOT 形式もサポートされます。