Red Hat Training

A Red Hat training course is available for OpenShift Container Platform

2.4. 基本的な設定およびログイン

CLI の初期設定を行う場合、oc login コマンドを使用することが最適な方法となり、このコマンドはほとんどのユーザーにとってのエントリーポイントとしての機能を果たします。対話型フローは、指定される認証情報を使用して OpenShift Container Platform サーバーへのセッションを確立するのに役立ちます。この情報は CLI 設定ファイル に自動的に保存され、その後のコマンドで使用されます。

以下の例では、oc login コマンドを使用した対話的な設定およびログインについて説明します。

例2.1 CLI の初期設定

$ oc login

出力例

OpenShift server [https://localhost:8443]: https://openshift.example.com 1

Username: alice 2
Authentication required for https://openshift.example.com (openshift)
Password: ******
Login successful. 3

You don't have any projects. You can try to create a new project, by running

    $ oc new-project <projectname> 4

Welcome to OpenShift! See 'oc help' to get started.

1
このコマンドは、OpenShift Container Platform サーバー URL を求めるプロンプトを出します。
2
このコマンドは、ログイン認証情報 (ユーザー名とパスワード) を求めるプロンプトを出します。
3
セッションがサーバーで確立され、セッショントークンが受信されます。
4
プロジェクトがない場合は、プロジェクトの作成方法に関する情報が提供されます。

CLI 設定が完了すると、その後のコマンドがサーバーの設定ファイル、セッショントークン、およびプロジェクト情報を使用します。

CLI からログアウトするには、以下の oc logout コマンドを使用します。

$ oc logout

出力例

User, alice, logged out of https://openshift.example.com

プロジェクトの作成後か、またはプロジェクトへのアクセスが付与された後にログインする場合、アクセス可能なプロジェクトが現在のデフォルトとして自動的に設定されます。 これは 別のプロジェクトに切り替える までデフォルトになります。

$ oc login

出力例

Username: alice
Authentication required for https://openshift.example.com (openshift)
Password:
Login successful.

Using project "aliceproject".

oc login コマンドでは、追加のオプション も利用可能です。

注記

管理者の認証情報がある場合でも デフォルトシステムユーザーsystem:admin としてログインしていない場合は、認証情報が CLI 設定ファイル にある限り、いつでもこのユーザーとしてログインし直すことができます。以下のコマンドはログインを実行し、デフォルト のプロジェクトに切り替えます。

$ oc login -u system:admin -n default