Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

1.6. Red Hat Hybrid Cloud Console での OpenShift Cluster Manager の使用

OpenShift Cluster Manager は、Red Hat Hybrid Cloud Console でホストされる他のサービスと統合されており、これを使用して OpenShift クラスターをより深く把握し、管理することができます。

  • OpenShift Container Platform の Insights Advisor は、OpenShift Container Platform クラスターの正常性を監視し、サービスの可用性、フォールトトレランス、パフォーマンス、およびセキュリティーのリスクを特定し、優先順位を付け、解決するのに役立ちます。
  • Subscriptions を使用すると、OpenShift クラスターの使用状況およびサブスクリプション情報を監視できます。
  • Cost Management は、AWS や Microsoft Azure を含むベアメタルサーバー、仮想マシン、プライベートクラウド、およびパブリッククラウドインフラストラクチャー全体の OpenShift デプロイメントおよびインフラストラクチャーのコストが集められ、表示します。

OpenShift Cluster Manager および Red Hat Hybrid Cloud Console にアクセスするには Red Hat アカウントが必要です。その後、OpenShift Cluster Manager に OpenShift クラスターをデプロイできます。

セキュリティーを強化するために、2 要素認証 (2FA) を使用して OpenShift Cluster Manager および Red Hat Hybrid Cloud Console にアクセスできます。OpenShift Cluster Manager へのアクセスに 2 要素認証を使用するには、Red Hat アカウントで 2 要素認証を有効にする必要があります。組織の管理者は、組織内のすべてのユーザーが 2 要素認証を有効にするか、個々のユーザーが独自の Red Hat アカウントに 2 要素認証を設定することができます。

Red Hat アカウントで 2 要素認証を有効にする方法は、2 要素認証の使用 を参照してください。

関連情報