Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

3.3. OpenShift Container Platform クラスターの OpenShift Cluster Manager への登録

Insights Advisor を使用して OpenShift Container Platform クラスターの正常性を監視し、Red Hat Insights からアラート、更新、および推奨事項を受け取るするには、クラスターを OpenShift Cluster Manager に登録し、Red Hat サブスクリプションにサブスクライブする必要があります。

デフォルトでは、インストール後にクラスターの初回起動時に、すべての OpenShift Container Platform クラスターが自動的に OpenShift Cluster Manager に登録されます。

OpenShift Container Platform クラスターは、OpenShift Cluster Manager に登録する際に、Telemetry および Insights Operator 経由で健全性および使用状況についてのデータを Red Hat にレポートします。これらは 接続クラスター と呼ばれます。

OpenShift Container Platform クラスターは、以下の場合に OpenShift Cluster Manager サービス (非接続クラスター と呼ばれる) に自動的に登録されないことがあります。

  • クラスターはエアギャップ環境で作成されており、OpenShift Cluster Manager に到達して OpenShift Cluster Manager に作成されたことを通知することができない
  • Telemeter クライアントを無効にした
  • クラスターが api.openshift.comに接続できない

このような状況では、https://console.redhat.com/openshift/register から、非接続クラスターを OpenShift Cluster Manager に手動で登録できます。ここから Red Hat サブスクリプションの詳細を入力し、クラスターを Red Hat サポートにサブスクライブすることもできます。

OpenShift Container Platform クラスターを登録してサブスクライブした後に、サブスクリプションの容量と使用状況を Subscriptions > Container Platform で監視できます。

3.3.1. OpenShift Container Platform クラスターが登録およびサブスクライブされていることの確認

OpenShift Container Platform クラスターが OpenShift Cluster Manager に登録されており、OpenShift Cluster Manager から Red Hat サブスクリプションにサブスクライブしていることを確認します。

OpenShift Cluster Manager に登録されている OpenShift Container Platform クラスターは 接続クラスター と呼ばれています。たとえば、Telemetry がユーザーのネットワークで無効またはブロックされている場合は、クラスターを自動的に登録できず、OpenShift Cluster Manager に手動で登録する必要があります。

前提条件

  • Red Hat ログイン
  • OpenShift Container Platform クラスター
  • クラスターのサブスクリプション設定を編集するには、Red Hat アカウントで、クラスターまたは組織管理者に Cluster Owner または Cluster Editor ロールが必要である。

手順

  1. OpenShift Cluster ManagerClusters 一覧に移動し、OpenShift Container Platform クラスターを見つけます。

    注記

    クラスターが Clusters 一覧に表示されない場合は、クラスターを登録する必要があります。手順は、非接続クラスターの登録 を参照してください。

  2. クラスターの Status 列を確認します。

    • StatusReady の場合、これは OpenShift Cluster Manager に接続され、Telemetry データを報告します。手動登録は必要ありません。
    • StatusDisconnected になっている場合、Telemetry データは OpenShift Cluster Manager に送信されません。これは、クラスターがプライベートネットワークにインストールされているか、Telemetry が無効にされたことが原因です。
    • StatusStale の場合、クラスターは接続されていますが、Telemetry データが最近 OpenShift Cluster Manager に送信されませんでした。
  3. クラスター用に Created 列を確認し、クラスターのサブスクリプションステータスを確認します。

    • 日付:クラスターは Red Hat サブスクリプションにサブスクライブし、サポートおよび更新を受け取っています。
    • 60 日間の評価:クラスターが、一時的な評価サブスクリプションで Red Hat サポートにサブスクライブされています。 more options (more options) > Edit subscription settings をクリックして、独自の Red Hat サブスクリプションで Red Hat サポートにアクセスするようにクラスターを設定します。
    • 評価の有効期限切れ:クラスターは Red Hat サポートにサブスクライブされていません。 more options (more options) > Edit subscription settings をクリックして、クラスターのサブスクリプションの詳細を設定します。

      注記
      • また、クラスターの Overview ページからクラスターのサブスクリプション設定を確認することもできます。
      • クラスターのサブスクリプション設定を編集するには、Red Hat アカウントで、クラスターまたは組織管理者に Cluster Owner または Cluster Editor ロールが必要です。

次のステップ