Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

3.3.2. 非接続クラスターの登録

OpenShift Container Platform クラスターの正常性を監視し、Insights Advisor からアラート、更新、および推奨事項を受け取るするには、クラスターは OpenShift Cluster Manager に登録する必要があります。クラスターが OpenShift Cluster ManagerClusters 一覧に表示されない場合は、これを登録する必要があります。

注記

クラスターがすでに OpenShift Cluster Manager に登録されており、クラスターのサブスクリプション設定のみを編集する必要がある場合には、 more options (more options) > Edit subscription settings をクリックするか、クラスターの詳細ページからサブスクリプション設定を行います。詳細は、OpenShift Container Platform クラスターサブスクリプションの設定 を参照してください。

前提条件

  • Red Hat ログイン
  • OpenShift Container Platform クラスター
  • Red Hat サブスクリプション
  • クラスターのサブスクリプション設定を編集するには、Red Hat アカウントで、クラスターまたは組織管理者に Cluster Owner または Cluster Editor ロールが必要である。

手順

非接続クラスターを登録するには、OpenShift Cluster Manager でクラスターのプロファイルを手動で作成します。

  1. OpenShift Cluster ManagerClusters 一覧に移動します。
  2. Clusters 一覧の上部で、 more options (more options) > Register cluster をクリックして Register disconnected cluster ページを開きます。
  3. 登録するクラスターの Cluster ID を入力します。たとえば、00000c9e-f75e-44e4-86e1-ebf60ec0b000 となります。

    注記

    クラスター ID は、OpenShift Container Platform のクラスター Web コンソールで見つけることができます。

  4. クラスターの 表示名 を入力します。これには、OpenShift Cluster Manager でクラスターを識別する任意の名前を指定できます。この名前で、組織のクラスター一覧にあるクラスターを検索できます。
  5. クラスターの Web コンソール URL を入力します。これは、OpenShift Container Platform クラスター Web コンソールにログインするための URL です。
  6. クラスターを Red Hat サポートにサブスクライブするには、Subscription settings で Red Hat サブスクリプションの詳細を入力します。

    1. クラスターの サービスレベルアグリーメント (SLA) を選択します。
    2. サポートの種類 を選択します。
    3. クラスターの使用状況 で、クラスターの使用方法を指定します。
    4. サブスクリプションの測定単位 (コア/vCPU またはソケット) を サブスクリプション単位 で指定します。
    5. お使いのクラスターが消費するコンピュートコア数を入力します。
  7. Register cluster をクリックして、登録およびサブスクリプションを確認します。
注記

OpenShift Cluster Manager でのサブスクリプション設定の詳細については、OpenShift Container Platform cluster subscription settings を参照してください。

これで、クラスターが OpenShift Cluster Manager に登録され、Red Hat サポートにサブスクライブされています。

検証手順

  1. OpenShift Cluster ManagerClusters 一覧に表示されるクラスターを見つけます。
  2. サブスクリプション設定は、Subscription settings セクションに表示されます。これにより編集が可能になります。
  3. Subscriptions > Container Platform に移動して、容量やサブスクリプションの使用状況など、クラスターのサブスクリプション情報を表示できることを確認します。