Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

4.7. OpenShift Cluster Manager API トークンのダウンロード

OpenShift Cluster Manager API トークンを使用して、 OpenShift Cluster Manager アカウントに対して認証を行います。

OpenShift Cluster Manager に接続してrosa CLI および ocm-cli コマンドラインツールを使用するには、API トークンが必要です。両方のサービスで同じトークンを使用できます。

セキュリティー上、トークンはデフォルトでは OpenShift Cluster Manager に表示されません。OpenShift Cluster Manager の Downloads ページで API トークンにアクセスし、コマンドラインで使用するために表示またはコピーを行うことができます。

注記

ocm-cli ツールは、現時点で開発プレビューのステータスです。

開発プレビューとして提供されるリリースは、初期段階の製品の評価や、製品開発チームへのフィードバックの収集のために、限定されたお客様のセットに提供されます。開発プレビューリリースは、実稼働環境ではサポートされません。

前提条件

  • Red Hat ログイン

手順

  1. Downloads に移動し、Tokens セクションで OpenShift Cluster Manager API Token 行を探します。
  2. View API token をクリックして OpenShift Cluster Manager API Token ページに移動します。
  3. Load token をクリックしてトークンを表示します。デフォルトでは、トークンは非表示になっています。
  4. copy clipboard (Copy to clipboard) をクリックして、ターミナルで使用するためにトークンをコピーします。

このページから、既存のトークンへのアクセスを取り消すこともできます。