Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第2章 クラスターのライフサイクルの管理

Red Hat OpenShift Cluster Manager を使用して、OpenShift クラスターを作成および削除し、クラスターライフサイクルを管理できます。

2.1. クラスターの作成

OpenShift Cluster Manager から、異なるタイプの OpenShift クラスターを作成できます。

2.1.1. OpenShift Container Platform クラスターの作成

OpenShift Container Platform クラスターは独自のインフラストラクチャーで実行します。OpenShift Container Platform を使用して、コマンドラインインストーラーを使用して、プライベートクラウド、パブリッククラウド、またはベアメタルにクラスターを作成できます。

OpenShift Cluster Manager と、お使いの環境用またはクラウドアカウント用のインストーラーを使用して、クラスターを作成します。

クラスターのプロビジョニング後に、Red Hat サブスクリプションを設定してクラスターのサポートを取得します。手順およびクラスターで利用可能なサブスクリプションタイプの詳細は、OpenShift Container Platform クラスターのサブスクライブ を参照してください。

前提条件

  • Red Hat ログイン
  • 独自のオンプレミスインフラストラクチャー。たとえば、Red Hat Virtualization や Red Hat OpenStack などのプラットフォーム、AWS などのクラウドプロバイダー、またはベアメタル Linux マシンなどです。

手順

  1. OpenShift Cluster Manager にアクセスし、Create cluster をクリックします。
  2. クラスターをインストールする場所 (パブリッククラウド (Cloud)、データセンター (Datacenter)、またはラップトップ (Local)) を選択します。
  3. 提供された openshift-install プログラムをダウンロードします。
  4. プルシークレットをダウンロードします。

    重要

    プルシークレットは共有しないでください。プルシークレットはパスワードのように扱う必要があります。

  5. OpenShift Cluster Manager ユーザーインターフェースに記載されている手順に従って、OpenShift クラスターを作成します。

デフォルトでは、インストール後のクラスターの初回起動時に、および Telemetry サービスに接続されるときに、クラスターが OpenShift Cluster Manager サービスに自動的に登録されます。クラスターは、Red Hat サポートを含まない 60 日間の評価サブスクリプションで登録されます。

検証手順

  • クラスターのプロビジョニング後に、OpenShift Cluster Manager の Clusters 一覧に表示できます。

次のステップ

OpenShift Container Platform クラスターの作成後に、Red Hat Hybrid Cloud Console を使用して以下を行うことができます。

  • クラスターのサポートを受けられるように、OpenShift Cluster Manager の Edit subscription settings メニューから Red Hat サブスクリプションを設定します。OpenShift Container Platform クラスターを、Red Hat Marketplace からの Red Hat の年間サブスクリプションまたは On-Demand サブスクリプションにサブスクライブできます。

クラスターの手順およびサブスクリプションタイプの詳細は、OpenShift Container Platform クラスターサブスクリプションの設定 を参照してください。

  • Insights Advisor からクラスターのヘルスモニタリングデータおよび推奨事項を表示します。
  • 問題がある場合は、Red Hat サポート にお問い合わせください。

関連情報

2.1.2. OpenShift Dedicated クラスターの作成

OpenShift Dedicated クラスターは Red Hat によって管理され、Amazon Web Services (AWS) または Google Cloud Platform (GCP) でプロビジョニングされます。このポリシーは、マネージドクラスター と呼ばれます。

OpenShift Cluster Manager を使用すると、Red Hat が所有するクラウドアカウントを使用するか、Customer Cloud Subscription (CCS) モデルを通じて独自のクラウドアカウントを使用して、AWS または GCP で OpenShift Dedicated クラスターを作成できます。

OpenShift Dedicated クラスターの作成時に、使用するクラスターの Red Hat サブスクリプションのタイプも設定する必要があります。その結果、クラスターは Red Hat サブスクリプションに自動的にサブスクライブされ、プレミアムレベルのサポートが提供されます。

OpenShift Dedicated クラスターをサポートするのに、以下のタイプの Red Hat サブスクリプションを使用できます。

OpenShift Cluster Manager の Subscription セクションから、有効な OpenShift Dedicated クラスターに基づいて、クラスターの使用状況と共にクォータおよびリソース制限を表示できます。

重要

試用版サブスクリプションのアップグレードを除き、既存の OpenShift Dedicated クラスターでサブスクリプションタイプを変更することはできません。新規クラスターの作成についての詳細手順は、OpenShift Dedicated ドキュメントの クラスターの作成 を参照してください。

関連情報

2.1.2.1. 年間サブスクリプションを使用した OpenShift Dedicated クラスターの作成

独自の AWS または Google Cloud Platform クラウドプロバイダー (Customer Cloud Subscription) で、年間 (固定容量) の Red Hat サブスクリプションを使用して OpenShift Dedicated クラスターを作成するか、Red Hat の完全に管理されたクラウドを使用して OpenShift Dedicated クラスターを実行できます。

これは従来の Red Hat サブスクリプションタイプであり、サポートは Red Hat から早期に購入され、毎年請求されます。クラスターのプロビジョニングは、利用可能なクォータに基づいています。クォータは Red Hat サブスクリプションから割り当てられ、クラスターを拡大するのに必要です。

また、クラスターに On-Demand (フレキシブルな使用) サブスクリプションを使用するには、「On-Demand サブスクリプションを使用した OpenShift Dedicated クラスターの作成」 を参照してください。

重要

クラスターの作成後にサブスクリプションタイプを変更することはできません。

前提条件

  • Red Hat ログイン
  • 組織には、クラスターを作成するのに十分なクォータを持つ有効な Red Hat OpenShift Dedicated サブスクリプションが必要です。Subscriptions > Dedicated (Annual) から利用可能なクォータを確認します。
  • 独自の AWS または Google Cloud (Customer Cloud Subscription) でクラスターを作成する場合は、クラスターを作成する前にクラウドアカウントを設定する必要があります。Customer Cloud Subscriptions の要件については、プランニング を参照してください。

手順

  1. OpenShift Cluster Manager から、Create cluster をクリックします。
  2. OpenShift Dedicated の横にある Cloud タブで、Create cluster をクリックします。この画面からクラスターを作成する前に、利用可能なクォータを表示することもできます。
  3. Billing Model 画面で、Subscription type として Annual を選択します。

    重要

    クラスターの作成後にサブスクリプションタイプを変更することはできません。

  4. Infrastructure type を選択します。

    • Customer Cloud Subscription の場合は、独自のクラウドアカウントを使用します。ここで、請求を制御し、Red Hat はクラスターを管理します。クラスターを作成する前に、クラウドアカウントを設定する必要があります。手順については、プランニング を参照してください。
    • Red Hat クラウドアカウント の場合は、Red Hat が所有するクラウドプロバイダーアカウントにクラスターをデプロイします。このオプションでは、Red Hat はクラスターのすべての課金と管理を処理します。
  5. クラウドプロバイダー、マシンプール、ネットワーク、および更新ポリシーなど、基本的なクラスター設定を行います。

    注記

    クラスターの設定についての詳細は、OpenShift Dedicated ドキュメント を参照してください。

  6. Create cluster をクリックしてクラスターをプロビジョニングします。

検証

  • クラスターがプロビジョニングされている間は、OpenShift Cluster Manager の Clusters 一覧でこれを確認できます。プロビジョニングが完了すると、クラスターの ステータスReady と表示されます。

次のステップ

OpenShift Dedicated クラスターを作成して、そのステータスが Ready になったら、以下を実行できます。

  • アイデンティティープロバイダーを設定して、ユーザーアクセスを設定します。手順は、アイデンティティープロバイダーの設定 を参照してください。
  • クラスターにアクセスする、特権付きの dedicated-admin ユーザーおよび cluster-admin ユーザーを設定します。OpenShift Dedicated ロールの詳細は、Managing administration roles and users を参照してください。
  • クラスターをアップグレードします。詳細は、OpenShift Dedicated cluster upgrades を参照してください。
  • クラスターに関するログと通知を表示します。詳細は、Logging を参照してください。
  • クラスターにマシンプールを作成します。詳細は、About machine pools を参照してください。
  • 監視スタックを使用して、Red Hat Site Reliability Engineer (SRE) プラットフォームのメトリクスから切り離してプロジェクトをチェックします。詳細は、モニタリングスタックについて参照してください。
  • クラスターの正常性を監視します。詳細は、About remote health monitoring を参照してください。
  • 必要なサブスクリプションを購入している場合は、OpenShift Dedicated クラスターを拡大または縮小します。手順は、クラスターのスケーリング を参照してください。
  • アドオンをインストールして、クラスターの機能を拡張します。詳細は、Adding a service to a cluster を参照してください。
  • Red Hat Hybrid Cloud Console の Subscriptions > Dedicated (Annual) で、クラスターのリソース制限と使用状況の概要を表示します。

関連情報

2.1.2.2. On-Demand サブスクリプションを使用した OpenShift Dedicated クラスターの作成

On-Demand サブスクリプションタイプを使用して、使用ごとに請求される OpenShift Dedicated クラスターを作成できます。請求は後払いで、Red Hat Marketplace で対応します。

Red Hat Marketplace で On-Demand サブスクリプションを有効にすると、サービスのリソース制限を設定して、最大使用状況を自動的に制御します。

このオプションを使用すると、必要に応じてクラスターをスケールアップおよびスケールダウンし、それに応じて調整できます。Subscriptions > Dedicated (On-Demand) で、クラスターの使用状況を追跡できます。

そうではなく、クラスターに年間(固定容量)サブスクリプションを使用するには、「年間サブスクリプションを使用した OpenShift Dedicated クラスターの作成」を参照してください。

重要

クラスターの作成後にサブスクリプションタイプを変更することはできません。

前提条件

  • Red Hat ログイン
  • 組織には、リソース制限が設定された Red Hat Marketplace から有効な OpenShift Dedicated On-Demand サブスクリプションが有効になっている。

  • OpenShift Dedicated の Planning ドキュメントで説明されているように設定された、独自の AWS または Google Cloud アカウントを所有している。

手順

  1. OpenShift Cluster Manager から、Create cluster をクリックします。
  2. OpenShift Dedicated の横にある Cloud タブで、Create cluster をクリックします。この画面からクラスターを作成する前に、利用可能なクォータを表示することもできます。
  3. Billing Model 画面で、Subscription typeOn-Demand を選択します。

    注記

    On-Demand がオプションとして利用できない場合は、OpenShift Cluster Manager ユーザーインターフェースのプロンプトに従ってアカウントを有効にし、Red Hat Marketplace で請求情報をリンクさせます。OpenShift Cluster Manager の Subscriptions > Dedicated (On-Demand Limits) から、On-Demand 請求 (Red Hat Marketplace サブスクリプション) が設定されているかどうかを確認することもできます。

    クラスターの作成後にサブスクリプションタイプを変更することはできません。

  4. Infrastructure typeCustomer Cloud Subscription を選択します。これは、On-Demand のサブスクリプションオプションに必要です。

    注記

    Customer Cloud Subscription オプションは、独自のクラウドアカウントを使用します。ここで、請求を制御し、Red Hat はクラスターを管理します。クラスターを作成する前に、クラウドアカウントを設定する必要があります。手順については、プランニング を参照してください。

  5. クラウドプロバイダー、クラスター詳細、マシンプール、ネットワーク、更新ポリシーなど、基本的なクラスター設定を行います。

    注記

    クラスターの設定についての詳細は、OpenShift Dedicated ドキュメント を参照してください。

  6. Create cluster をクリックしてクラスターをプロビジョニングします。

検証

  • クラスターがプロビジョニングされている間は、OpenShift Cluster Manager の Clusters 一覧でこれを確認できます。プロビジョニングが完了すると、クラスターの ステータスReady と表示されます。

次のステップ

OpenShift Dedicated クラスターを作成して、そのステータスが Ready になったら、以下を実行できます。

  • アイデンティティープロバイダーを設定して、ユーザーアクセスを設定します。手順は、アイデンティティープロバイダーの設定 を参照してください。
  • クラスターにアクセスする、特権付きの dedicated-admin ユーザーおよび cluster-admin ユーザーを設定します。OpenShift Dedicated ロールの詳細は、Managing administration roles and users を参照してください。
  • クラスターをアップグレードします。詳細は、OpenShift Dedicated cluster upgrades を参照してください。
  • クラスターに関するログと通知を表示します。詳細は、Logging を参照してください。
  • クラスターにマシンプールを作成します。詳細は、About machine pools を参照してください。
  • 監視スタックを使用して、Red Hat Site Reliability Engineer (SRE) プラットフォームのメトリクスから切り離してプロジェクトをチェックします。詳細は、モニタリングスタックについて参照してください。
  • クラスターの正常性を監視します。詳細は、About remote health monitoring を参照してください。
  • 必要なサブスクリプションを購入している場合は、OpenShift Dedicated クラスターを拡大または縮小します。手順は、クラスターのスケーリング を参照してください。
  • アドオンをインストールして、クラスターの機能を拡張します。詳細は、Adding a service to a cluster を参照してください。
  • Red Hat Hybrid Cloud Console の Subscriptions > Dedicated (On-Demand) で、クラスターの使用状況の概要を表示します。
  • Red Hat Hybrid Cloud Console の Subscriptions > Dedicated (On-Demand Limits) で、クラスターのリソース制限の概要を表示します。

関連情報

2.1.2.3. 無料試用版 Red Hat サブスクリプションを使用した OpenShift Dedicated クラスターの作成

試用版 Red Hat サブスクリプションを使用して、OpenShift Dedicated を 60 日間無料で試用できます。

OpenShift Dedicated 試用版クラスターは、アップタイムサービスレベルアグリーメント (SLA) なしで提供され、セルフサポートとなります。

クラスターに無料試用版サブスクリプションを使用するには、独自の AWS または Google Cloud アカウント (カスタマークラウドサブスクリプション) を使用してインフラストラクチャーを提供する必要があります。

60 日間の試用版が終了する前にいつでも、独自の Red Hat サブスクリプションの詳細でクラスターをアップグレードし、OpenShift Dedicated を引き続き使用できます。60 日間の試用版期間が終了すると、試用版クラスターをアップグレードしていない場合は、OpenShift Dedicated 試用版クラスターおよびインストールされたアドオンサービスがすべて永続的な削除用としてマークされます。

OpenShift Dedicated のトライアル版サブスクリプションの詳細を確認してサインアップするには、About the OpenShift Dedicated Trial または Try OpenShift にアクセスしてください。

前提条件

  • Red Hat ログイン
  • OpenShift Dedicated 試用版サブスクリプションが有効になっている。詳細は、About the OpenShift Dedicated Trial を参照してください。
  • OpenShift Dedicated の Planning ドキュメントで説明されているように設定された、独自の AWS または Google Cloud アカウントを所有している。

手順

  1. OpenShift Cluster Manager から、Create cluster をクリックします。
  2. Red Hat OpenShift Dedicated Trial の横にある Cloud タブで、Create trial cluster をクリックします。この画面からクラスターを作成する前に、利用可能なクォータを表示することもできます。

    • 次の画面 (Billing model) では、Subscription typeFree trial (upgradeable) が自動的に選択され、Infrastructure typeCustomer Cloud Subscription が自動的に選択されます。

      注記
      • Free trial (upgradeable) がオプションとして利用できない場合は、ユーザーインターフェースのプロンプトに従って Red Hat アカウントを有効にします。
      • Customer Cloud Subscription の場合は、独自のクラウドアカウントを使用します。ここで、請求を制御し、Red Hat はクラスターを管理します。クラスターを作成する前に、クラウドアカウントを設定する必要があります。手順については、プランニング を参照してください。
  3. クラウドプロバイダー、マシンプール、ネットワーク、および更新ポリシーなど、基本的なクラスター設定を行います。

    注記

    クラスターの設定についての詳細は、OpenShift Dedicated ドキュメント を参照してください。

  4. Create cluster をクリックしてクラスターをプロビジョニングします。

検証

  • クラスターがプロビジョニングされている間は、OpenShift Cluster Manager の Clusters 一覧でこれを確認できます。プロビジョニングが完了すると、クラスターの ステータスReady と表示されます。

試用版サブスクリプションおよびその他の詳細情報を表示するには、クラスターの概要ページを参照してください。この情報は、Created コラムの Clusters 一覧にも表示されます。

次のステップ

OpenShift Dedicated クラスターを作成して、そのステータスが Ready になったら、以下を実行できます。

  • アイデンティティープロバイダーを設定して、ユーザーアクセスを設定します。手順は、アイデンティティープロバイダーの設定 を参照してください。
  • クラスターにアクセスする、特権付きの dedicated-admin ユーザーおよび cluster-admin ユーザーを設定します。OpenShift Dedicated ロールの詳細は、Managing administration roles and users を参照してください。
  • クラスターをアップグレードします。詳細は、OpenShift Dedicated cluster upgrades を参照してください。
  • クラスターに関するログと通知を表示します。詳細は、Logging を参照してください。
  • クラスターにマシンプールを作成します。詳細は、About machine pools を参照してください。
  • 監視スタックを使用して、Red Hat Site Reliability Engineer (SRE) プラットフォームのメトリクスから切り離してプロジェクトをチェックします。詳細は、モニタリングスタックについて参照してください。
  • クラスターの正常性を監視します。詳細は、About remote health monitoring を参照してください。
  • 必要なサブスクリプションを購入している場合は、OpenShift Dedicated クラスターを拡大または縮小します。手順は、クラスターのスケーリング を参照してください。
  • アドオンをインストールして、クラスターの機能を拡張します。詳細は、Adding a service to a cluster を参照してください。
  • Red Hat Hybrid Cloud Console の Subscriptions > Dedicated (Annual) で、クラスターのリソース制限と使用状況の概要を表示します。
重要

60 日間の試用版の期限が切れる前に、クラスターの使用を継続するために、クラスターを有料で完全にサポートされる Red Hat サブスクリプションにアップグレードしてください。OpenShift Dedicated 試用版のクラスターを完全にサポートされるクラスターへのアップグレード を参照してください。

関連情報

2.1.3. Red Hat OpenShift Service on AWS (ROSA) クラスターの作成

Red Hat OpenShift Service on AWS (ROSA) は、Red Hat と Amazon Web Services (AWS) によって共同で管理され、サポートされるフルマネージド OpenShift サービスです。このサービスでクラスターを管理することで、お客様はアプリケーションのデプロイに集中することができます。

このサービスの使用は、AWS アカウントで直接許諾されます。ROSA の料金は使用量に基づいており、AWS アカウントに直接請求されます。

ROSA クラスターは、OpenShift Cluster Manager から、または rosa CLI を使用して作成できます。

OpenShift Cluster Manager で ROSA クラスターを作成するには、クラスター作成ページ に移動して Red Hat OpenShift Service on AWS を探し、クラスターの作成 をクリックします。

OpenShift Cluster Manager または rosa CLI から ROSA クラスターを作成する方法の詳細については、ROSA ドキュメントの Getting started を参照してください。