Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

2.2. クラスターの更新

2.2.1. OpenShift クラウドサービスクラスターの更新

OpenShift Cluster Manager を使用すると、クラウドサービスクラスターを更新またはアップグレードできます。クラスターを最新バージョンに更新すると、クラスターの安全性とサポートが保証されます。クラスターの更新はノードごとにローリングされ、クラスターまたはワークロードをオフラインにする必要はありません。

OpenShift Cluster Manager のクラスターの 概要 タブと 設定 タブは、Red Hat OpenShift Dedicated (OSD) または Red Hat OpenShift Service on AWS (ROSA) クラスターで OpenShift バージョンの更新が利用可能かどうかを通知します。Settings タブから更新をクラスターに適用するか、または今後のクラスター更新用に更新ストラテジーを設定できます。

Settings タブで以下の更新のいずれかを選択して、クラスターの定期的な更新または個別更新をスケジュールすることができます。

  • 個々の更新 により、1 度に 1 つの更新を手動でスケジュールできます。
  • 定期的な更新 を使用すると、更新が利用可能な場合に、毎週希望する時間に更新が行われるようにスケジュールを設定できます。定期的な更新は、選択した開始時刻の少なくとも 2 日前に新しいパッチ (z-stream) の更新が利用可能になった場合にのみ発生します。定期的な更新は、OpenShift Cluster Manager の Settings タブで更新が手動で確認された場合にのみ、マイナー (y-stream) 更新をスケジュールします。

マイナーバージョンとパッチ (z-stream) の両方の更新に対していずれかの更新戦略を設定できます。

注記

クラスターのセキュリティーまたは安定性に重大な影響を与える Critical Security Concern (CVE) が発生した場合、お客様がまだ更新を予約していなければ、お客様からの通知後 2 営業日 以内に Red Hat Site Reliability Engineering (SRE) により CVE の影響を受けていない最新の z-stream バージョンへの更新が自動的に予約される場合があります。

関連情報

クラスターの更新に関する詳細は、クラスタータイプのドキュメントを参照してください。

  • OpenShift 専用の アップグレード ガイドには、OpenShift 専用クラスターの更新についての詳細が含まれています。
  • ROSA アップグレード ガイドには、ROSA クラスターの更新に関する詳細が含まれています。
  • クラスターの更新 ガイドには、OpenShift Container Platform クラスターの更新に関する詳細が含まれています。OpenShift Container Platform クラスターは OpenShift Cluster Manager から更新できないことに注意してください。