Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Insights Advisor を使用した OpenShift クラスターの可用性の監視

OpenShift Cluster Manager 2022

Insights Advisor を使用して OpenShift クラスターの可用性の監視

概要


第1章 OpenShift Container Platform の Red Hat Insights Advisor について

OpenShift Container Platform の Red Hat Insights Advisor を使用して、クラスターの問題を特定し、解決します。

1.1. OpenShift Container Platform の Red Hat Insights Advisor について

Insights Advisor を使用して、OpenShift Container Platform クラスターの可用性を評価して監視することができます。個々のクラスター、またはインフラストラクチャー全体について懸念している場合でも、サービスの可用性、フォールトトレランス、パフォーマンス、またはセキュリティーに影響を与える可能性がある問題にさらされるかどうかを認識することが重要です。

Insights は、OpenShift Container Platform クラスターを危険にさらす可能性のある条件セットである 推奨事項 のデータベースを使用して、Insights Operator が送信するデータを繰り返し分析します。その後、データは Red Hat Hybrid Cloud Console の Insights Advisor サービスにアップロードされ、以下のアクションを実行できます。

  • 特定の推奨事項の影響を受けるクラスターについて参照してください。
  • 堅牢なフィルタリング機能を使用して、結果をそれらの推奨事項に絞り込みます。
  • 個別の推奨事項、それらが示すリスクの詳細、および個別のクラスターに適した解決方法を確認してください。
  • 結果を他の内容と共有します。

Insights Advisor を使用するには、クラスターを OpenShift Cluster Manager に登録する必要があります。非接続クラスターを登録するには、OpenShift Container Platform クラスターの OpenShift Cluster Manager への登録 を参照してください。

関連情報

1.2. Insights Advisor の推奨事項について

Insights Advisor は、クラスターのサービスの可用性、フォールトトレランス、パフォーマンス、またはセキュリティーに悪影響を与える可能性のあるさまざまなクラスターの状態およびコンポーネント設定に関する情報をバンドルしています。この情報は Insights Advisor で推奨事項と呼ばれ、以下の情報が含まれます。

  • 名前: 推奨事項の簡単な説明
  • 追加: 推奨事項が Insights Advisor アーカイブに公開されている場合
  • カテゴリー: この問題がサービス可用性、フォールトトレランス、パフォーマンス、またはセキュリティーに悪影響を及ぼす可能性があるかどうか
  • 全体のリスク: 条件がインフラストラクチャーに悪影響を与える 可能性 から派生した値、その場合に、システム稼働に 影響 が及ぶ可能性がある値。
  • クラスター: 推奨事項が検出されたクラスターの一覧
  • 関連するトピックへのリンク: 問題に関する詳細情報は、Red Hat から参照してください。

第2章 OpenShift Container Platform での Red Hat Insights Advisor の使用

Insights Advisor は、Insights Operator の送信データを繰り返し分析します。Red Hat Hybrid Cloud ConsoleInsights Advisor サービスから、OpenShift Container Platform クラスターの Insights Advisor データを表示するレポートを表示および管理できます。

2.1. クラスターの潜在的な問題の表示

このセクションでは、Red Hat Hybrid Cloud ConsoleInsights Advisor に Insights レポートを表示する方法を説明します。

Insights はクラスターを繰り返し分析し、最新の結果を表示することに注意してください。問題を修正した場合や新しい問題が検出された場合などに、これらの結果は変更する可能性があります。

前提条件

  • クラスターが OpenShift Cluster Manager に 登録 されています。
  • リモートヘルスレポートが有効になっている (デフォルト)。
  • Red Hat Hybrid Cloud Console にログインしています。

手順

  1. Red Hat Hybrid Cloud ConsoleAdvisorRecommendations にナビゲートします。

    結果に応じて、Insights Advisor は次のいずれかを表示します。

    • Insights で問題が特定されなかった場合は、No matching recommendations found です。
    • Insights が検出した問題のリストで、リスク (低、中、重要、および重大) ごとにグループ化されています。
    • Insights がまだクラスターを分析していない場合は、No clusters yet です。分析は、クラスターがインストールされて登録され、インターネットに接続された直後に開始します。
  2. 問題が表示された場合は、エントリーの前にある > アイコンをクリックして詳細を確認してください。

    問題によっては、その問題に関する詳細への Red Hat リンクを含めることもできます。

2.2. すべての Insights Advisor の推奨事項を表示

Recommendations ビューはデフォルトで、クラスターで検出された推奨事項のみを表示します。ただし、Insights Advisor アーカイブですべての推奨事項を表示できます。

前提条件

  • リモートヘルスレポートが有効になっている (デフォルト)。
  • クラスターが OpenShift Cluster Manager に 登録 されています。
  • Red Hat Hybrid Cloud Console にログインしています。

手順

  1. Red Hat Hybrid Cloud ConsoleAdvisorRecommendations にナビゲートします。
  2. Clusters Impacted フィルターおよび Status フィルターの横にある X アイコンをクリックします。

    これで、クラスターの潜在的な推奨事項をすべて参照できます。

2.3. Insights Advisor の推奨事項を無効にする

クラスターに影響を与える特定の推奨事項を無効にして、それらがレポートに表示されないようにすることができます。単一のクラスターまたはすべてのクラスターの推奨を無効にすることができます。

注記

すべてのクラスターの推奨を無効にすると、将来のクラスターにも適用されます。

前提条件

  • リモートヘルスレポートが有効になっている (デフォルト)。
  • クラスターが OpenShift Cluster Manager に 登録 されています。
  • Red Hat Hybrid Cloud Console にログインしています。

手順

  1. Red Hat Hybrid Cloud ConsoleAdvisorRecommendations にナビゲートします。
  2. 単一クラスターの推奨を無効にするには、以下を行います。

    1. 無効にする推奨の名前をクリックします。単一の推奨ページに移動します。
    2. そのクラスターの Options メニュー more options をクリックし、Disable recommendation for cluster をクリックします。
    3. 理由を入力し、Save をクリックします。
  3. すべてのクラスターの推奨を無効にするには、以下を実行します。

    1. 無効にする推奨の名前をクリックします。単一の推奨ページに移動します。
    2. ActionsDisable recommendation をクリックします。
    3. 理由を入力し、Save をクリックします。

2.4. 以前に無効にした Insights Advisor の推奨事項を有効にする

すべてのクラスターで推奨が無効になっている場合、Insights Advisor に推奨は表示されなくなります。この動作は変更することができます。

前提条件

  • リモートヘルスレポートが有効になっている (デフォルト)。
  • クラスターが OpenShift Cluster Manager に 登録 されています。
  • Red Hat Hybrid Cloud Console にログインしています。

手順

  1. Red Hat Hybrid Cloud ConsoleAdvisorRecommendations にナビゲートします。
  2. 推奨事項を StatusDisabled でフィルタリングします。
  3. 有効にする推奨事項を特定します。
  4. Options メニュー more options をクリックし、Enable recommendation をクリックします。

2.5. Web コンソールでの Insights Advisor ステータスの表示

Insights Advisor はクラスターを繰り返し分析し、OpenShift Container Platform Web コンソールでクラスターの特定された潜在的な問題のステータスを表示することができます。このステータスは、さまざまなカテゴリーの問題の数を示し、詳細については、Red Hat Hybrid Cloud Console レポートへのリンクを示します。

前提条件

  • クラスターが OpenShift Cluster Manager に 登録 されています。
  • リモートヘルスレポートが有効になっている (デフォルト)。
  • OpenShift Container Platform Web コンソールにログインしている。

手順

  1. OpenShift Container Platform Web コンソールで、 HomeOverview に移動します。
  2. Status カードの Insights をクリックします。

    ポップアップウィンドウには、リスクごとにグループ化された潜在的な問題が一覧表示されます。詳細を表示するには、個々のカテゴリーをクリックするか、View all recommendations in Insights Advisor を表示します。