第1章 OpenJDK のサポートポリシー

Red Hat は、その製品で OpenJDK の一部のメジャーバージョンに対応しています。一貫性のため、このバージョンは、長期サポート (LTS) として指定されている Oracle JDK バージョンと引き続き似ています。

Red Hat は、Red Hat が OpenJDK を初めて導入してから 6 年間、OpenJDK のメジャーバージョンに対応しています。

OpenJDK 17 は、2027 年 11 月まで、Microsoft Windows および Red Hat Enterprise Linux で対応しています。

注記

RHEL 6 のライフサイクルは 2020 年 11 月に終了します。OpenJDK 17 は RHEL 6 ではサポートされていません。

関連情報

詳細は、「OpenJDK のライフサイクルおよびサポートポリシー」を参照してください。