第1章 OpenJDK のサポートポリシー

Red Hat は、一部の OpenJDK のメジャーバージョンをサポートします。一貫性のため、これらのバージョンは Oracle JDK 向けに「LTS」を規定するバージョンと同じです。

OpenJDK のメジャーバージョンは、最初に導入された時点から最低 6 年間サポートされます。

OpenJDK 11 の Microsoft Windows および Red Hat Enterprise Linux サポートは 2024 年 10 月までです。

注記

RHEL 6 のライフサイクルは 2020 年 11 月に終了します。このため、OpenJDK は 2020 年 10 月リリース以降のサポート対象設定として RHEL 6 をサポートしません。

詳細は、「OpenJDK のライフサイクルおよびサポートポリシー」を参照してください。