第2章 アップストリームの OpenJDK 11 との相違点

Red Hat Enterprise Linux の OpenJDK には、OpenJDK のアップストリームディストリビューションの構造上の変更が数多く含まれています。OpenJDK の Windows バージョンは、可能な限り Red Hat Enterprise Linux を追跡しようとします。

主な変更点は以下のとおりです。

  • Red Hat Enterprise Linux では、アーカイブ形式のサポート (zlib) およびイメージ形式 (libjpeg-turbolibpng、および giflib) に外部ネイティブライブラリーが使用されます。

    Microsoft Windows では、これらのライブラリーは、対応する Red Hat Enterprise Linux RPM のソースから構築され、動的リンクライブラリー (DLL) としてパッケージ化されます。

  • Red Hat Enterprise inux では、システム全体のタイムゾーンデータファイルは、タイムゾーン情報のソースとして使用されます。

    Microsoft Windows には、Red Hat Enterprise Linux の利用可能な最新のタイムゾーンデータが含まれています。

  • Red Hat Enterprise Linux では、システム全体の CA 証明書が使用されます。

    Microsoft Windows では、Red Hat Enterprise Linux からの利用可能な最新の CA 証明書が使用されます。

  • src.zip ファイルには、OpenJDK に同梱されるすべての JAR ライブラリーのソースが含まれます。