前書き

Cryostat は、OpenShift クラスター内で実行している Java ワークロードをデスクトップの JDK Mission Control アプリケーションに接続するコンテナーネイティブな Java アプリケーションです。

Cryostat 2.0 の主な機能は、OpenShift Operator を使用して OpenShift Container Platform Web コンソールの OperatorHub で Cryostat をインストールし、デプロイできることです。Cryostat をインストールおよびデプロイした後に、完全に機能する Cryostat インスタンスにアクセスしてから、Cryostat 2.0 リリースノート に記載されている追加機能を確認できます。

重要

本ガイドに記載の機能は、テクノロジープレビューの機能です。テクノロジープレビュー機能は Red Hat の実稼働環境でのサービスレベルアグリーメント (SLA) ではサポートされていないため、Red Hat では実稼働環境での使用を推奨していません。これらの機能は、近々発表予定の製品機能をリリースに先駆けてご提供することにより、お客様は機能性をテストし、開発プロセス中にフィードバックをお寄せいただくことができます。

テクノロジープレビュー機能のサポート範囲については、Red Hat カスタマーポータルの「テクノロジープレビュー機能のサポート範囲」を参照してください。