第5章 既知の問題

Cryostat リリースには、Red Hat が承認した問題が含まれる可能性があり、製品の開発中に後の段階で修正される可能性があります。既知の各問題について、説明とその解決を確認してください。

OpenShift SDN デフォルト CNI ネットワークプロバイダー

Cryostat 2.0 は、Cryostat ノードで実行しているノードとは異なるノードにある JVM の以下の設定を持つ OpenShift クラスターを接続できません。

  • ソフトウェア定義ネットワーク (SDN) メソッドを、クラスター上の Pod 間の通信を行うための統一クラスターネットワークとして使用します。
  • プラグインを作成してコンテナーのネットワークインターフェースを設定するために、デフォルトの Container Network Interface (CNI)ネットワークプロバイダーを使用します。

この既知の問題を解決するには、SDN メソッドではなく Open Virtual Network (OVN)メソッドを使用するようにクラスターを設定します。OVN メソッドには、SDN メソッドと同様の設定が含まれます。

  • Open vSwitch (OVS)を使用してネットワークトラフィックを管理します。
  • CNI ネットワークプロバイダーをデフォルトとして設定するプラグインを使用します。

関連情報