1.2. Admin Center 1.0

Admin Center 1.0 機能により、Java Batch ジョブおよび OpenID Connect(OIDC)クライアントおよびトークン管理を表示および対話するサポートと共に、実行中のサーバーの設定、管理、監視に役立つ Web ベースの GUI を利用できます。

ui serverConfigTool2

管理センターを有効にするには、adminCenter-1.0 機能および承認されたユーザーを追加する必要があります。また、セキュリティー上の理由から、Admin Center には HTTPS が必要なため、httpsPort および keyStore が設定されていることを確認する 必要 があります。

以下に例を示します。

<server description="Admin Center example">

  <!-- Enable features -->
  <featureManager>
    <feature>adminCenter-1.0</feature>
  </featureManager>

  <!-- To access this server from a remote client add a host attribute to the following element, e.g. host="*" -->
  <httpEndpoint id="defaultHttpEndpoint"
    host="*"
    httpPort="9080"
    httpsPort="9443" />

  <!-- Define a user with Administrator role -->
  <quickStartSecurity userName="admin" userPassword="adminpwd" />

  <keyStore id="defaultKeyStore" password="Liberty"/>

</server>

サーバーが起動すると、https://host_name:port_number/adminCenter/ 経由で Admin Center のログインページにアクセスすることができます。これ により、ループバックアドレスが localhost にマッピングされると、サーバーを実行するマシン https://localhost:9443/adminCenter/ に移動できます。

注記: ブラウザーに、自己署名証明書の使用により受け入れる必要があるセキュリティープロンプトが表示される場合があります。

ui login

提供されているさまざまなツールや機能について、特に管理センターに関するブログように調整しています。